読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

世界3位のレクシー・トンプソンが国内女子メジャーに初参戦!その飛距離は!

こんばんは~  篠原です。

国内女子メジャーの初戦

「ワールドレディスサロンパスカップ」

が茨城GC東コースで5月5日から4日間

開催されます。

 

米国ツアーからは、レクシー・トンプソン

宮里美香が参戦して、国内の女子プロが

迎え撃ちます。

 

3日には東京都内のホテルで、前夜祭が

行われました。

女子プロたちのトーナメント中とは違った

華やかな姿で会場が一層華やかになりました。

f:id:kayo0130:20160505015243p:plain

トンプソンといえば、とにかく飛距離が

女子プロの中ではナンバーワンで、

平均飛距離は284.12ヤードと凄い

のです。

 

この前の米ツアーで宮里藍と一緒にプレイ

したときは、常に30ヤード、一番差が

あったホールは75ヤードでした。

 

「今週は結構1Wを打つ機会も多いと思う

ので、私の飛距離を見てもらいたい」と

アピールしたトンプソンは2度目の

国内女子ツアー参戦で初のメジャー挑戦に

なります。

世界ランク3位

21歳のレクシー・トンプソンは米国女子

ツアーでもいろいろな最年少記録を塗り変えて

きました。

 

今季は「ホンダLPGAタイランド」で優勝

をしていて「コンディションはとてもいい」

と余裕の表情をみせています。

 

1Wのヘッドスピードは約47m/秒で、本日

行われたプロアマ戦で、フォローの風となった

10番ホールでは315ヤードを飛ばして、

300ヤード超えのティショットを3発披露

しました。

まるで男子プロの飛距離です。

 

 

米ツアー7勝を誇るトンプソンですが、

そのうちアジアで3勝(タイ・韓国・

マレーシア)メキシコでの1勝を含めると、

半分以上を米国外で挙げています。

 

トンプソンは「特にモチベーションが違う

ということはないけれど・・・」

「海外のイベントではファンの皆さんが沢山

応援してくれるので、そういう意味では

やりがいがありますね」と、にっこり

微笑んだとか。

 

トンプソンとプロアマを共にした日本女子

プロゴルフ協会の小林浩美会長は、

「めちゃくちゃ飛んで曲がらない。それに

ショートゲームもイメージ通りに打っている」

とプレーを絶賛したそうです。

f:id:kayo0130:20160505031559p:plain

なかでも目をひいたショットは「100ヤード

以内のパンチショット。今日は風が強いことも

あったけれど、SWで低い球を打って、スピン

をかけてキュキュと止める。距離感も抜群

だったし、あれは男子と同じ技」と驚き、

国内で同じショットをする女子選手がいるかと

聞くと、苦笑いをしただけだったということ

です。

 

予選ラウンドは、大山志保と渡邉彩香と同組

です。

他のプロとの飛距離の違いを見るのが

とても楽しみです。


読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代