読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

高梨沙羅の圧倒的な強さ!19歳にして既にレジェンド!?

こんばんは~  篠原です。

ノルディックスキー・ジャンプW杯女子

高梨沙羅・個人総合優勝

f:id:kayo0130:20160225010145p:plain

 

W杯は12月から翌年3月まで各国で

行われる大会を転戦して、全部で19戦

のポイントによって総合優勝が決定

します。

1位=100点

2位=80点

3位=60点

4位以下30位まで、順位ごとに点数が

与えられます。

その点数によって総合優勝が決まります。

 

高梨沙羅は19日に行われた、第15戦の

フィンランド・ラハティ大会で優勝して

100点が加算されました。

 

この大会を加算して、合計1410点に

なりました。

2位のダニエラ・イリシュコ979点で

残り4戦をダニエラ・イリシュコがすべて

優勝しても追いつけないため、早々と

高梨沙羅のW杯女王が決まったのです。

 

今季の高梨沙羅はとにかく強かった。

開幕戦で優勝すると、

第2戦は2位だったけどその後10連勝

して、13戦で2位、14戦で4位で

15戦目に優勝しました。

これまでの勝率は何と8割です。

 

女子のジャンプは歴史が浅いこともあり、

世界的に注目される競技になっていません。

男子のジャンプは第1回冬季五輪より正式

種目に採用されていて90年以上の歴史を

持ちますが、女子のジャンプが五輪の正式種目

になったのは、2014年のソチ五輪からです。

 

W杯が始まったのも、2011~2012年の

シーズンからで、今季で5回目です。

 

女子W杯の賞金は意外に少なく、優勝しても

3000スイスフラン約34万円です。

ここまで12大会で優勝している高梨沙羅

合計408万円ほどです。

スキー板やウエアなどの用具メーカーから

契約料が入り、好成績を残せば契約料が

上がったり、ボーナスが出たりするけれど、

それにしても、転戦で旅費もかかるでしょうし

優勝して34万円はゴルフなどと比較しても

少なすぎですね。

 

高梨沙羅は女子ジャンプのパイオニア的

存在です。

2011年の最初のW杯は14歳で参戦して

総合3位。

2シーズン目で16戦8勝で総合初優勝。

3シーズン目は18戦15勝で連覇。

4シーズン目は不調だったけれど総合2位。

5シーズン目の今季は早々と総合優勝確定。

f:id:kayo0130:20160225010706p:plain

 

W杯の通算優勝回数はダントツの1位で

通算42勝。

2位・サラ・ヘンドリクソンで13勝

3位・イラシュコが12勝

 

19歳で42勝しているので100勝超えも

可能ですね。

 

世界を相手に圧倒的な強さを見せる日本人選手

は希少な存在です。

もう少しメディアも大きく報道しても

いいのではないでしょうか?

 

皆さんは高梨沙羅選手がW杯の今シーズン

優勝確定ということご存じでしたか?

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代