読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

ゴルフ「ニチレイレディス」は韓国の申ジエが貫禄勝ちの大会3連覇!

こんばんは~  篠原です。

国内女子ツアー「ニチレイレディス」は

また、日本人の優勝はありませんでした。

これで何週、外国勢に優勝を持って

いかれているのでしょうか?

 

最終日3位から出た「申ジエ」が通算12

アンダーで、史上3人目となる同一大会

3連覇を達成しました。

f:id:kayo0130:20160620023233p:plain

 

「今年は申年!私の年!」

スタート前から、他の選手と気合が

違いました。

「風が吹く予報がでているので、今日は

アマチュアとプロの差がでる。

経験値が勝る。アマチュアに

勝たせるわけにはいかない」と、

世界女王に登り詰めた精神力が17歳

の「勝みなみ」を飲み込んだのでした。

 

単独首位ででた「勝みなみ」(鹿児島高3年)

は、通算9アンダーで単独2位となりました。

2014年、15歳293日・

KKT杯バンテリンレディスオープンで

初優勝しました。

f:id:kayo0130:20160620012454p:plain

ベストアマチュアを受賞した表彰式では

いつも笑顔の勝の目に涙があふれました。

「やっぱり優勝を狙っていたので」と。

 

「優勝と思うと体がついていかなかった」

とショットが乱れました。

苦しい中でゲームが進行していく中、最後

はバーディを獲りたい。と納得のホール

アウトでした。

メンタル面では、強い人だと思います。

 

2勝目でプロへ

そんな青写真を描いていました。

「泣いて、笑って、笑わせて」

5位以内に入ったら、調子の悪い携帯を

買い替えるという約束を両親から取り

付けていたので、「そういえば、携帯!

って途中で思い出した。2位には入らな

きゃって、後半はそれを目標にして

頑張った」と報道陣を爆笑させました。

 

人生のテーマは「爆笑」という勝みなみ。

その天真爛漫な性格をプロになっても、

ずっと持ち続けて欲しいと思います。

 

一方の優勝した「申ジエ」は、表彰式の

スピーチで2位に終わった勝みなみを、

「プロに勝る選手」とたたえました。

勝に話しかけようとしたけれど、泣き

続けていたので何も話すことができな

かったそうです。

f:id:kayo0130:20160620022843p:plain

 

応援に来ていた父のチェソップさんに

優勝というプレゼントができました。

お父さんの56回目の誕生日であり、

今日は「父の日」でもあり、これ以上ない

プレゼントができて、良かったですね。

 

今大会で優勝賞金1440万円を加算すると

今季の獲得額が7545万円超として、

トップにたちました。

賞金女王に向けて視界良好です。

今季はぜひ日本人に賞金女王になって欲しい

と私は希望していますが・・・

 

通算8アンダーで3位タイは

イ・ボミ

渡邉彩香

西山ゆかり

3人が並びました。

 

イ・ボミは、連続トップ5入りを10試合

として、アン・ソンジュが2010年に

マークした最多記録に並びました。

開幕戦からの連続トップ10入りも11試合

にのばして、イ・ボミが持つツアー記録も

更新しました。

 

実力があるのですね。なかなか、連続トップ

10入りというのは、できることではない

と思います。

 

ということで、今大会も先週に続き、

優勝は韓国人でした。

日本人頑張ってくれ~~~!!

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代