読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

プレミアリーグの中堅クラブ、レスター・シティFCと日本の岡崎慎司選手!

こんばんは~  篠原です。

皆さまはサッカーが好きですか?

私は孫がサッカーに夢中なので、最近

TVでサッカーの試合を見るように

なりました。

 

レスター・シティのプレミア優勝の

カウントダウンが始まっています。

今も、マンチェスター・ユナイテッド

を見ながらこれを書いています。

f:id:kayo0130:20160502001921p:plain

 

この試合に勝利すると、レスター・シティ

優勝が決まります。

実現すると、クラブ史上初のリーグ制覇と

なります。

そのことは、プレミアリーグというより

サッカーの歴史を紐解いてもなかなか

あり得ない偉業といえるのではない

でしょうか?

 

現代スポーツの世界では稀にみる

「世紀の大番狂わせ」なのです。

 

開幕前に英国の大手ブックメーカー

ウィリアム・ヒルが設定したレスター優勝

のオッズは5000倍でした。

この数字の凄さは他の大穴オッズと比較

すると「ベッカムマンチェスター・シティ

の監督に就任する」オッズは750倍で

同国の「ディビット・キャメロン首相が

アストンビラの監督に就任」は2500倍

に設定されていました。

 

それほど奇跡的なことで、国内外のニュース

で大きく取り扱われています。

 

日本のエースストライカー岡崎慎司は、

プレミアリーグ挑戦1年目ですが、これまで

十分な活躍を見せてきました。

 

得点面では、ここまでリーグ戦5ゴールと

なかなか決定力を発揮できずに物足りなさは

残るのですが、貢献度の高さは解説者、同業

の選手、サポーターやメディアから称賛

されていて、チーム内でもトップレベルと

言ってよいと思います。

 

開幕前はフレンドリーマッチでなかなか

勝てないチームの姿を目の当たりにして、

危機感を感じていた岡崎でしたが、蓋を

開けてみれば,残留争いをするはずの

チームが思いがけずに優勝争いを続けて、

ついに残り1勝の位置までたどり着き

ました。

 

世界の舞台で輝く岡崎の「笑顔」

岡崎は、契約金に見合った、いいえ、

それ以上の働きをしています。

その上でのあの「笑顔」です。活躍できて

いなければ「へらへらしている」と捉え

られても文句も言えませんが、今現在は

岡崎の「笑顔」も称賛されているのです。

f:id:kayo0130:20160502001109p:plain

 

レスターファンにとって岡崎は実に良い

プレーヤーと見られています。

チームは今シーズンかつてない程調子が

良く、フォワード陣が爆発しているのと、

イタリア人監督ならではの安定した守備が

上手い具合にハマった結果と思います。

 

そして、ファンの中では「勝利を呼び込む」

日本人の存在が注目されています。

 

レスターの本拠地はイングランド中部、

レスターシャー・レスターです。

創設は1884年で歴史からみると、

アーセナルチェルシーリヴァプールなど

よりも古く、かつてはカップ戦の覇者に

なったことはありますが、決して強豪と

呼ばれるチームではないのです。

 

だからこそ優勝すれば、奇跡的なことなのです。

信じがたい夢物語が実現されるか??

 

残念ながら今日の試合では、優勝を決める

ことはできませんでした。

1対1 引き分けに終わりました。

 

これからがまた楽しみになりました。

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代