読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

睡眠パターンで性格まで違う!睡眠は長さより質が大切!

こんばんは~  篠原です。

皆さまはアインシュタイン型ですか?

それともエジソン型ですか?

 

睡眠時間を頑張って短くしようとしても

どうしてもできない人がいる一方で、

短い睡眠時間でも元気に生活している

人もいます。

f:id:kayo0130:20160226011846p:plain

 

睡眠時間が6時間未満の人を

ショートスリーパー

9時間を超える人を

ロングスリーパー

6~9時間の人を

「バリュアブルスリーパー」

と呼びます。

多くの人は、睡眠時間が6~9時間で、

80%~90%をしめています。

 

よく理想の睡眠時間として「一日8時間」

という数字が言われていますが、これは

医学的な根拠があるわけではなく、多くの

人の睡眠時間が6~9時間という統計から

出された平均的な睡眠時間にすぎません。

 

平均睡眠時間はあくまで一つの目安で、

睡眠時間にはかなりの個人差があります。

平均睡眠時間より短いからといって、不健康

な眠りというわけでもなく、不眠という

わけでもありません。

 

6時間よりもっと少ない、3~4時間の

睡眠で充分な人もいれば、9時間以上の

睡眠が必要な人もいます。

 

基本的には、日中眠気がなくきちんと活動

していくのに、十分な睡眠時間が確保されて

いれば、何時間でも構わないということです。

 

長く眠る人でも、脳の睡眠である

「ノンレム睡眠」は短時間睡眠の人と変わら

ないという報告もあります。

f:id:kayo0130:20160226002702p:plain

 

睡眠は時間より「質」が重要です。

質の良い睡眠というのは、目覚めがスッキリ

していて、ぐっすり眠ったという満足感の

得られる眠りのことです。

 

ショートスリーパーの睡眠効率は高い

ショートスリーパーロングスリーパー

眠りを調べると、どちらのタイプも深い

ノンレム睡眠の長さに差がありませんでした。

 

そしてショートスリーパーは、

浅いノンレム睡眠やレム睡眠が少ないことが

わかりました。

 

●性格の違い

ショートスリーパー

・外交的で勤勉なため社会に適応しやすい

・自信をもって精力的、野心的に活動する

・不平不満はあまり持たない

・自分自身や現在の状況に満足している

 

ロングスリーパー

・内向的で孤独を愛する

・創造的で細かい点にまで注意を払う

・社会や政治に批判的な眼を向ける

・現状に満足しないで気苦労が絶えない

 

平均的な睡眠時間の人を対象に実験が

行われました。

6か月後に平均5時間までなったそうです。

 

1年後実験参加者を調べたところ平均6時間

の睡眠時間を保っていたということで、

一度短い睡眠時間に慣れてしまうと、それを

長期にわたって維持できることが、証明され

ました。

 

私事ですが、現在睡眠時間は大体5時間です。

それもここ1年くらい前からです。

それまでは、絶対に8時間眠らないと、ダメ

と自分で思い込んでいました。

今、毎日5時間の睡眠でも体調はバッチリだし

何といっても、ベットに入るとコテっと寝て

しまうし、起きるまでグッスリ、まさに

ノンレム睡眠状態です。

だから、目覚めも良く普段は目覚まし時計

など使わなくても、きっちり同じ時間に

眼が覚めます。

ゴルフに行くときだけは、目覚ましのお世話

になるのですが・・・

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代