読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

ゴルフ 「国内女子ツアー」 2015年を振り返って! 

こんばんは~  篠原です。

2015年も残すところ半月ですね。

皆さまは2015年はどんな1年だった

でしょぅか?

 

私自身は、仕事でもゴルフでも残念ですが、

飛躍の1年にはなりませんでした。

来年は絶対に。。。飛躍したい!!

 

 

今日はゴルフの「国内女子ツアー」

振り返って見たいと思います。

2015年の主役はなんといってもイ・ボミ

の圧倒的な強さでした。

 

★イ・ボミ

f:id:kayo0130:20151216164449p:plain

圧巻の史上5人目となる年間7勝を達成

しました。

初の賞金女王となり、獲得賞金

2億3049万7057円は井澤利光がもって

いた、男女ツアー獲得最高額を更新しました。

 

★史上初、賞金ランクトップ5

を海外勢が独占

イ・ボミ・・・・2億3049万7057円

テレサ・ルー・・1億4695万7679円

甲ジエ・・・・・1億1486万1293円

アン・ソンジュ・1億0520万4082円

李知姫・・・・・1億0112万7369円

日本勢は渡邉彩香の6位が最高でした。

渡邉彩香・・・・1億0086万6583円

 

 

テレサ・ルー

f:id:kayo0130:20151216172421p:plain

テレサ・ルーは年間5勝をマークしました。

独走をしていたイ・ボミを唯一追いかける存在で

ツアーを終盤線まで盛り上げました。

私的には、テレサ・ルーを応援していました。

残念ながら8000万円以上の差を付けられて

しまいました。

最終戦の「LPGAツアー選手権リコーカップ」の

獲得賞金を全額寄付して、今季2度目の熱心な

チャリティ活動を続けています。

 

 

★渡邉彩香今季2勝

f:id:kayo0130:20151216173723p:plain

2014年にツアー初優勝をした渡邉彩香は

飛躍の1年となりました。

シーズン序盤の「ヤマハレディスオープン」で

優勝、「樋口久子Pontaレディス」で2勝目を

挙げ、ツアー対抗戦の「ザ・クイーンズ」では

日本チームを勝利に導くポイントを獲得して

活躍しました。

 

 

★チョン・インジがメジャー

タイトル2勝

f:id:kayo0130:20151216175317p:plain

韓国の新人プロが国内外で活躍しました。

最年少でメジャー2勝目を挙げたのは、

日本ツアー初参戦の「ワールドレディス

チャンピオンシップサロンパスカップ」

で、メジャー制覇。さらに「日本オープン

プレーオフの末に制して2つのメジャー

タイトルを手にしました。

海外メジャーの「全米女子オープン」にも

優勝して、世界のゴルフ界から注目を集めました。

 

 

★原江里菜が7年ぶりのツアー

2勝目

f:id:kayo0130:20151216180715p:plain

2008年の初優勝から7年。

シード落ちなど苦しい経験を乗り越えて

大東建託・いい部屋ネットレディス」

で悲願のツアー2勝目を挙げました。

 

 

★藤田光里がツアー初優勝

f:id:kayo0130:20151216181558p:plain

「フジサンケイレディス」で涙の初優勝を

挙げました。

メンタル面の弱さをクリアして劇的な展開

での初優勝でした。

 

 

★新規開催「ザ・クイーンズ」

で日本が初代チャンピオン

日韓戦が今季より欧州、豪州を加えた

4ツアー対抗戦としてリニューアルした

「ザ・クイーンズカップ

上田桃子キャプテンのもと、日本ツアー代表が

イ・ボミ率いる韓国チームを振り切って

初代チャンピオンに輝きました。

 

 

宮里藍、国内ツアー4試合で

すべて予選落ち

f:id:kayo0130:20151216183625p:plain

米ツアーでも苦しい戦いを続けているけれど、

今季は国内ツアーでも4試合すべて予選落ち

と結果を残せませんでした。

それでも最低の目標である来季の米ツアー

シード権は確保でき、先日のファン感謝イベント

でも、ホールインワンをするなど、復活の兆し

があります。

 

 

★菊池絵理香がツアー初優勝

f:id:kayo0130:20151216184630p:plain

何度も目の前の優勝を逃してきた菊池絵理香が

KKTバンテリンレディスオープン」で

2位に5打差をつける圧勝で優勝しました。

 

来季はどんな選手が活躍してくれるのでしょうか?

それにしても、ひと昔前と違い若くて美人

プロゴルファーがたくさんいますね。

来季こそは、日本勢に頑張ってもらいたい!

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代