読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

朝4時半救急車の鳴り響く音に起こされて! 年齢的に許容範囲とは!?

こんばんは~  篠原です。

朝4時半、救急車の音が鳴り響いて近くで

止まりました。

パッと目が覚めて、外に出てみると、隣の

実家に止まりました。

母のところに来た救急車でした。

 

「痛いよ~痛いよ~!」と泣き叫んでいました。

ただごとじゃないその様子を見て、即救急車を頼んだ

と聞かされ、私も妹と3人で救急車を追って病院に

行きました。

 

この辺では、一番大きな総合病院で上都賀病院に

運ばれ、色々検査を受けているうちに、叫び声は 

しなくなり、痛みが治まったようでした。

 

1週間ほど前から、膀胱炎が起きていて、近所の

泌尿器科に受診して、抗生剤を飲んでいました。

私たちは、七転八倒するような急激な激しい痛み

だったので、「尿路結石」を疑いました。

 

検査が終わって、ドクターの話があり、「特別な

異常はありません。しいて言えば『便秘』でしょう」

( ゚Д゚)ハァ? と耳を疑うような結果報告でした。

 

最初ドクターは「腸間膜動脈閉鎖症」

を疑って、それを詳しく調べたと言ってました。

「腸間膜動脈」というのは腸の血流となる血管で

その血管が詰まることにより、腸への血流が停止

してしまうのが「腸間膜動脈閉鎖症」です。

脳で詰まれば「脳梗塞」、心臓で詰まれば「心筋梗塞

になります。

検査の結果、その疑いもないということでした。

血液検査の結果も特別問題ありません。と言われ

ホッとしました。

 

点滴を2本して、12時頃までかかってしまい

ましたが、入院することもなく、そのまま帰って

きました。

 

血液検査の数値をコピーしてもらって頂いて

きて、帰ってからゆっくり目を通したところ、

「脳性ナトリウム利尿ペプチド」BNP

という項目が異常な値でした。

上限値9.5、下限値0.0なのに対して、

母の値は241.0

ネットで調べてみると、

f:id:kayo0130:20151209231840p:plain

BNPとは

心臓に負担がかかると心臓から血液に分泌される

ホルモンで、BNPの数値が高いほど心臓に負担が

かかっているということで、血液検査で心疾患が

測定できる唯一の検査ということでした。

そして100以上

要精密検査

心不全の疑い(治療を要する)

疾患の把握のため、精密治療が必要です。

 

それで驚いてしまって、病院に確認してみました。

看護師さんが出て、そのことを話すと

先生に聞いてみます。

年齢的に許容範囲です。

ということでした。

納得できない!!

何でも齢だからということで、かたずけられて

しまうのでしょうか?

 

救急でかかっているので、それ以上は診ること

ができないから、心配でしたら、外来で受診

して下さい。と一括されてしまいました。

 

ドクターもたくさんの患者を診て忙しいことは

よくわかります。

でも、そのドクターの中にも、親身になって

色々話してくれる、人間的なドクターもいれば

冷たくあしらわれてしまう、人間を人間と

思わないようなドクターもいるのは確かです。

 

今回は、後者のドクターに当たってしまいました。

 

読んでいただきありがとうございます。

失礼いたします。     篠原香代