読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

高額がん治療薬「オプジーボ」の薬価50%引き下げ ! 効果や副作用は ?

こんばんは~  篠原です。

皆さまは「オプジーボ」というがん治療薬を

ご存じでしょうか ?

 

奇跡の新薬といわれている「オプジーボ」

本日のニュースで、50%の引き下げ

2017年2月より実施すると発表されました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

オプジーボってどんな薬

オプジーボは免疫細胞を抑制するがんの働きを

阻害します。

 

がんの治療薬には抗がん剤」「分子標的剤」

ホルモン剤などがあります。

免疫阻害薬は上記の3つとは違う新しい薬剤

として注目されていて、世界で開発が急がれています。

 

免疫細胞はがん細胞を攻撃して排除します。

がん細胞も細胞数の少ない早期には免疫細胞に

排除されることが多いのです。

 

でもがん細胞もやられる一方ではありません。

攻撃されたがん細胞は、ある方法で反撃を始め

ます。

 

免疫細胞には、攻撃を止めるブレーキボタンが

あります。

攻撃を受けたがん細胞は腕をのばして、この

ブレーキボタンを押すのです。

それによって、免疫細胞は攻撃をやめて

しまうのです。

 

その結果、がん細胞は増えていき、がんが進行

していってしまいます。

オプジーボは、ブレーキを押すがん細胞を止めて

ブレーキを守るのです。

 

その結果、免疫細胞の本来の力を発揮させて

攻撃力が復活します。

これがオプジーボの画期的な効果です。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

2015年12月、肺がんの新薬として、

公的医療保険が適用されました。

 

まだまだ、わからないことが多いのですが、

がん細胞が縮小するなどの効果が表れるのは、

肺がん患者全体の2割程度ということも

いわれています。

 

今回オプジーボの薬価引き下げが発表された

のですが、薬価は原則2年に1回改訂されています。

次回は2018年に実施予定でした。

 

途中での薬価引き下げは異例で、2015年度の

医療費が41.5兆円と13年連続で過去最高

を更新しています。

 

国民皆保険制度維持のため、引き下げせざるを

得ない状態になっていました。

 

肺がんの患者さん約5万人が1年オプジーボを

使うと総額1兆7500億円になるそうです。

 

100mg瓶で約73万円、20mg瓶が約15万円

で、体重が60kgの人ですと1回180mg必要なので

約133万円かかることになります。

2週間に1回の投与で1年間使い続けると年間で

3500万円弱かかることになります。

 

健康保険には、患者さんの負担額を抑える

「高額医療費制度」があるので、患者さんが

支払う医療費は最大でも年間200万円程度

です。

 

結局、約3300万円の額が保険事業者の

負担になるのです。

 

そのため、利用者が増加したことから、

オプジーボの緊急値下げに踏み切ったという

ことです。

 

副作用

製造販売元の小野薬品工業では、緊急時に対応

できる医療機関に限りオプジーボの販売をしていて、

1日10人~20人の患者さんにオプジーボを

投与している医療機関で、1割ほどの患者さんに

重篤な副作用が起きているということです。

主な副作用は

間質性肺炎

●重症筋無力症

●劇症1型糖尿病

などです。

 

森喜朗元総理は、79歳ですが、昨年肺がんの

除去手術を受けました。その後再発が見つかり、

抗がん剤治療を始めましたが、副作用に苦しみ

体調が悪化していきました。

 

昨年12月に保険適用になった、オプジーボを

投与すると、すこしづつ体力が回復しました。

今年初めころは自力で階段も上がれない状態

でした。

 

春頃から急激に体力も回復して、現在は

東京五輪パラリンピック組織委員会会長

として、小池百合子東京都知事と対決している

姿を拝見すると、重い病を患ったようには

全く感じられませんね。