読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

【台風16号】強い勢力で、進路を東よりへ!連休明け本州に接近の恐れ!!

こんばんは~  篠原です。

17日に与那国島の北の海上を北上

している、非常に強い勢力の台風16号

は、今後進路を東寄りに変えて

20日(火)から21日(水)には、

九州を中心とする西日本に接近する

恐れが出てきました。

f:id:kayo0130:20160918012148p:plain

 

秋雨前線が日本列島に停滞している

ため、台風から離れた地域でも接近前

から大雨に注意が必要とのことです。

 

前線上の低気圧は、もともと台風14号

から変わったもので、大雨の元となる

湿った空気を運んできます。

 

17日に、長崎県対馬市では50年に一度

の記録的な大雨に見舞われました。

1時間に89.5ミリの猛烈な大雨を観測

して、1995年に統計を取り始めて一番

の記録的な大雨でした。

 

予報円の中心を通った場合は、

21日(水)~22日(木)にかけては、

西日本から東日本を縦断する恐れがあります。

 

広範囲で、風雨ともに強まり大荒れの天気に

なるので警戒が必要です。

また偏西風が北に位置しているため、西日本に

近づいてもなかなか風の流れに乗れずに、

速度は20キロから25キロと遅いため、

大雨や暴風など長く続く恐れがあります。

 

予報円が大きいため、こまめに気象状況の

チェックをして下さいとのことです。

5日先の予報円は850キロもあります。

f:id:kayo0130:20160918020104p:plain

台風の予報円は先になればなるほど、

大きくなります。

それは予想の誤差が拡大するためで、台風

の大きさとは関係はありません。

 

5日先(22日)の予報円は半径850キロ

もあり、本州がすっぽり覆われてしまう

大きさです。

日本の南海上で一回転したあのブーメラン台風

の台風10号でさえ、予報円の大きさは、最大

で半径650キロでした。

 

今回の台風16号は、予報円としては最大規模

です。

 

予報円が大きくなる理由

予報円は予想した時刻に、台風の中心が

70%の確立で入る範囲を示しています。

台風の進路が定まらない場合は予報円が

大きくなります。

 

今回の台風16号の場合は、進路の

不確実さではなく、速度が定まらないため

に、予報円が大きくなっています。

 

それにしても、なぜこの連休に合わせて

台風が・・

と思いませんか?

連休を楽しみにして、旅行の計画など

立てていた人たちも、いらっしゃると

思います。

 

いずれにしても、台風16号の今後の

進路に充分に注意をはらって、気を付けて

この連休をお過ごしくださいね。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代