読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「最近身体がダルいなぁ!」もしかしてその疲れ『秋バテ』かも?放置すると危険!

こんばんは~  篠原です。

9月に入り、ようやく朝晩涼しく

なってきて、「夏バテ」も解消できる

とおもいきや、夏以上に身体がダルい、

疲労感があると感じていませんか?

 

私は先日ゴルフに行ったのですが、

「老いは足から」を信じている私は、

健康維持のために出来るだけ歩くように

して、電動カートに乗らずにプレイするの

ですが、足が重くて前に進まないような

疲労感があり、その日はカートに乗りながら、

やっとラウンドしてきました。

 

今日テレビで「秋バテ」の特集をやっていて、

私も、秋バテかもしれないなぁと思いました。

 

皆さまは「秋バテ」という言葉を聞いた

ことがありますか?

f:id:kayo0130:20160914205643p:plain

少しは涼しくなって過ごしやすいはず

なのに、「体がダルい・食欲がない」など

の夏バテに似たような症状で体調が悪い。

これを「秋バテ」というそうです。

 

「秋バテ」を放置すると危険です

f:id:kayo0130:20160914210720p:plain

 

秋バテの原因

①寒暖の差

屋外は35℃以上、屋内は25℃という

寒暖の差が、5~10℃あるところを出入り

することで、自律神経が乱れ、血液循環が

悪くなり色々な不調を引き起こします

 

寒暖の差を繰り返すことで、無自覚のまま

自律神経が、狂ってしまいます。

副腎が疲労します。

 

②秋の気候の変化(低気圧)

秋になると、低気圧が通りはじめ、

低気圧になると、空気中の酸素濃度が少なく

なります。それにより呼吸が乱れて、

自律神経も不安定になります。

 

③食生活

夏の間冷たい飲み物を摂り過ぎることに

よって、胃が弱くなります。

冷たい物を摂ると胃の温度が体温の37℃

から25℃に下がってしまい、血流が低下

して胃の働きが悪くなります。

 

食べ過ぎも秋バテの原因になります。

食べ過ぎると、胃が活発になりガストリン

という物質が出ます。

ガストリンは胃液の分泌を促すホルモン

です。

 

胃液が出すぎてしまうことにより、

胸やけ・胃もたれ・食欲不振の原因に

なるのです。

・焼き肉屋で冷えたビールと焼き肉

・居酒屋で冷えたビールと焼き鳥

これらは、ガストリンを増やしてしまう

典型的な食事です。

 

秋バテ解消法

秋バテを放っておくと、様々な病気に

なる恐れがあります。

自律神経の乱れから免疫や代謝に影響

がでます。

心筋梗塞脳梗塞になる可能性がでて

きます。

 

・38℃~40℃くらいの、ぬるめの

おふろにゆっくり入る。

・発酵食品を食べて腸内環境を整える。

・副腎の疲労を助けるには、食べる輸血と

言われているスーパーベジタブル・ビーツ

を食べるといいということです。

 

ビーツとは

f:id:kayo0130:20160914190251p:plain

血管や筋肉に働きかけて、血流を良くする

効果もあります。

その注目の成分は、一酸化窒素(NOエヌオー

です。ビーツに豊富に含まれるNO3(硝酸塩)

を摂取することにより、体内で化学変化が

起きてNOが生成されます。

 

日本では、あまり生のビーツは売られて

いません。

缶詰のビーツが販売されています。

番組では、缶詰を使ったポタージュにして

いました。

 

今世界で注目されている、スーパ―ベジタブル

です。

 

夏バテと秋バテの違い

夏バテ=暑さのせいで、体力や食欲が

なくなり、なんとなくだるく、元気がない。

 

秋バテ=疲労感・だるさ・頭痛やめまい・

気力の減退・副腎の働きが悪くなる・

自律神経の乱れ

 

皆さまも、上記のような症状があったら

「秋バテ」かもしれません。

お風呂や食べ物で、上手に秋バテを乗り

切って下さいね。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代