読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

【リオパラリンピック開会式】「限界のない心」をテーマに!パラリンピックが終わったら安楽死を考えている選手!

こんばんは~  篠原です。

南米で初めての「リオパラリンピック

の開会式が日本時間の8日朝、開幕しました。

f:id:kayo0130:20160908224526p:plain

「限界のない心」をテーマにショーが

行われました。

 

カウントダウン演出で、

車椅子のアスリート・エクストリーム競技で

活躍するアーロン・ウィールズさんが、

カウントダウンに合わせて17メートルの

高さから大ジャンプ!

しかも、空中で1回転する大迫力を決めて

みせました。

 

この離れ業には、鳥肌がたちました。

まさに限界を越えた離れ業には、観ていた

人全てがびっくり仰天だったのではない

でしょうか。

 

「すっごーい! かっこいい!」と思いました。

f:id:kayo0130:20160909001124p:plain

159の国や地域が入場行進をして、

12日間の熱い戦いが始まります。

日本人のアスリートの活躍を見守りたい

と思います。

 

 

パラリンピックが終わったら安楽死

を考えている」

と病と闘う苦しみを明かしたのは、

ベルギーの車いす陸上選手の

マリーカ・ヴェルヴ―ト選手です。

現在37歳です。

2000年に脊椎変性疾患を発症しました。

体が麻痺して、それ以来車いす生活になり

ました。

 

車いすでも人生を楽しみたい」

車いすで、できる色々なスポーツを

積極的に取り組んできました。

 

そして2012年に出場した

パラリンピックロンドン大会では、

陸上の100mで金メダル

200mで銀メダルに輝きました。

f:id:kayo0130:20160909001634p:plain

 

2015年のカタールドーハで開催

されたIPC陸上競技世界選手権大会

の女子400mでも金メダルを獲得

しました。

 

病はヴェルヴ―トの身体を容赦なく

襲い、あまりにもの耐え難い痛みに

ヴェルヴ―トは、「リオ大会のあとに

安楽死を考えている」と明かしたのです。

 

「金メダルを獲って笑っている私を

知っている人は多いでしょう。しかし

陰の一面は誰も知りません。

金メダルを目指していますが、痛みが

ひどくて10分しか寝られない夜も

あります。

リオ大会は私の最後の夢です。

昼も夜も病気と闘わなければいけません

が、練習の手は緩めません。

人生をリオの表彰台で終えることが

できたら」と語りました。

 

ベルギーは2002年に、医師のほう助

による自殺を認める法律を可決しました。

この法律は3人の医師による承諾書が

あれば安楽死できるのです。

 

ヴェルヴ―トが出場する最初の試合は

9月9日に行われる女子400mです。

 

私たちのように、健常者にはこのヴェルヴ―ト

の心の中はとても恐ろしくて覗き見することは

できません。

 

ただ、そのような痛みに耐えて、練習をして

金メダルを獲得するために頑張っている姿には

敬意を表したいと思います。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代