読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

【エンテロウイルスD68】発熱の後、原因不明の麻痺!?

こんばんは~  篠原です。

29日に厚生労働省の研究班の中間報告

によると、昨年8月~12月にかけて、

麻痺の症状で入院した115人の一部の

患者の呼吸器などから

エンテロウイルスD68」が検出

されていて、断定はできないが、この

ウイルスが関連する可能性が高いと

発表しました。

 

115人は子どもを中心に33の

都、府、県で8月~12月の間に、手足

などに原因不明の麻痺の症状が出て、

現在も麻痺が残っている人が多いそうです。

 

発熱のあと、手足が動かしにくい症状が

出たら早めに医療機関を受診するように

呼び掛けています。

f:id:kayo0130:20160830005007p:plain

 

エンテロウイルスD68の症状

基本的には

・軽い発熱

・くしゃみ

・鼻水

夏風邪と同じ症状です。

でも、子どもが感染してしまうと

・気管支炎

・肺炎

・麻痺

夏風邪だと思って放っておくと大変な

ことになります。

 

アメリカでは1000人以上が感染

して14人が死亡しています。

 

エンテロウイルスってなに?

インフルエンザやノロウイルスといえば

皆さまもすぐにわかると思いますが、

エンテロウイルスという名前はあまり

一般的には知られていないのではない

でしょうか。

 

エンテロウイルスには多くの種類があるため

それらをまとめて「エンテロウイルス属」と

呼んでいます。

 

子どもの夏風邪の一つとして有名な

手足口病エンテロウイルスによる

感染症です。

また、子どもに麻痺を起こす「ポリオ」

エンテロウイルスの仲間が原因となります。

エンテロウイルスは思ったより身近な

ウイルスのひとつなのです。

 

エンテロウイルスD68

エンテロウイルス属のひとつとして確認

されたウイルスです。

手足口病のように、子どもに多く夏を

中心に発生します。

f:id:kayo0130:20160830010150p:plain

 

このウイルスに感染して発症しても、

発熱・鼻水・咳などの軽症で済むことが

多いのですが、重症化すると喘息のような

症状や肺炎、手足の麻痺などの症状が出る

ことがわかっています。

 

エンテロウイルスD68は夏を中心に秋に

かけて流行します。

今のところ、直接の治療薬や予防するための

ワクチンはありません。

 

発症した人のクシャミや咳の飛沫によって感染

しますので、一般的な予防の、うがい、手洗い、

マスクなどで予防するより方法はありません。

 

5歳以下の子どもさんのいるご家庭は

特に注意が必要です。

とにかく、発熱した場合は夏風邪だと思い

こまずに、早くに小児科で診察してもらって

下さいね。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代