読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

母の顔に泥を塗った「高畑裕太」容疑者!高畑淳子が涙の記者会見!

こんばんは~  篠原です。

今日は、何度もどのテレビ局でも

流れていた、強姦致傷容疑で逮捕された

高橋裕太容疑者の母の高畑淳子さんの

記者会見をご覧になりましたか?

 

涙を流して「どんなに言葉を重ねても

お詫びの言葉が見つかりません」と

謝罪しました。

f:id:kayo0130:20160827042705p:plain

 

会見時間は予定されていた40分を過ぎ

64分になりました。その間ずっとマイクの

前に立ちっぱなしで、記者たちの質問に

答え続けました。

司会が予定時間が。と言うと、「全ての

質問にお答えします」と真摯な対応を

とっていました。

 

何カ月か前、椅子に座ってマイクを握って

偉そうに記者たちの質問にデタラメを

答えていた、舛添前都知事とは全く違い、

高畑淳子さんの誠実さがわかる記者会見

でした。

 

まだ熱戦の余韻を残している、リオ五輪

爽やかな感動を与えてくれた、メダリストの

多くは20代前半の人たちです。

 

4年後の東京五輪で、ピークを迎えるのが

この年代のメダリストたちです。

男子では、水泳の萩野公介22歳、

瀬戸大地22歳、陸上のケンブリッジ飛鳥

23歳、桐生祥秀20歳、柔道の

ベーカー茉秋21歳、レスリングの太田忍

22歳などの名前が浮かびます。

 

金や銀の輝きを放ったリオ五輪で活躍した

同年代の若者に比べると、あまりにも情けない

22歳の「高畑裕太」容疑者です。

 

リオ五輪直後だけに、よけい落差を感じて

しまいます。

宿泊先の群馬県のビジネスホテルで、40代

の女性従業員に乱暴して、強姦致傷容疑で

群馬県警に逮捕されたのです。

 

テレビ番組でおふざけ半分に「性欲の強さ」を

公言したといいます。

真夜中、女性従業員に歯ブラシを届けさせて、

部屋の中に引きづり込んだそうです。

 

なぜその時、理性が働かなかったのでしょうか?

自分の置かれているタレント、俳優としての立場、

や家族のこと、所属事務所のこと、これらの

すべてを考えていたら、そんなことは

出来なかったはずと、私は思ってしまうのですが、

「バカ」としか言えません。

 

母親で女優の高畑淳子さんはシングルマザー

で、高畑裕太容疑者を育て上げました。

二世タレントですが,俳優として、そこそこ

演技力もあり、最近は笑える三枚目キャラで

バラエティ番組にも引っ張りだこでした。

 

人気が出始めて俳優としてもタレント

としても認知されはじめたところなのに・・・

これで、俳優としての輝かしい将来を棒

に振っただけでなく、母親の顔にも泥を

塗ったのです。

 

女子リスリングの吉田沙保里は4連覇を

逃して「取返しのつかないことをした」と

泣きじゃくりました。

それでも誰も責めはしませんでした。

 

高畑裕太容疑者の愚行こそ、本当の意味の

「取返しのつかないこと」なのではない

でしょうか。

 

私は同じ男の子を持つ親として、高畑淳子

さんが、気の毒でなりません。

育て方が悪かったとか、甘やかして育てたから

とか,外野では色々な事を言っていますが、

親は子どもを育てるときは、全力で子育て

します。

 

高畑淳子さんだって同じだったと思います。

「ウソをつかないこと」

「人に迷惑をかけないこと」

立派な子育てをしてきた人がどうしてこんな目

に合うのだろうと・・・

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代