読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

【リオ五輪】バドミントン・無常の日本人対決! リオ五輪で陰がうすい夏の全国高校野球大会!!

こんばんは~  篠原です。

リオ五輪バドミントンは、

世界ランク6位の奥原希望

世界ランク12位の山口茜が対決

しました。

 

第一ゲームは山口茜がリードして

21-11で先取しましたが、

第2ゲームは奥原希望が21-17で

取り返して、最終ゲームも奥原希望

21-10で奪って、勝利しました。

 

結果、日本人対決を奧原希望が2-1で

制して、日本人初のベスト4に進出

しました。

f:id:kayo0130:20160818040228p:plain

山口茜福井県勝山市の出身です。

勝山市は昭和43年の国体でバドミントン

の競技会場になりました。

 

それ以来バドミントンが盛んで、山口茜

3歳から始めました。

小学生の全国大会では5度の優勝を重ね

ました。

 

転機は中学二年生のときでした。

全日本総合選手権で各上の選手を最終ゲーム

まで追い詰めて確かな自信を持つことができ

それまではミスが続くと泣いてしまう弱さ

がありましたが、それからは涙を見せなく

なったといいます。

f:id:kayo0130:20160818040502p:plain

 

地元では「勝山の宝」と呼ばれていました。

今春から、熊本県益城町再春館製薬

入社しました。

熊本地震後は、避難所での炊き出しなどを

手伝っていました。

 

勝山と益城の2つの故郷にメダルを持ち帰る

夢は叶いませんでした。

 

「いろんな人の思いを背負ってやってきた。

叶えられなかったと思うと悔しい。この

経験を生かして強くなりたい !」

そう言って、声を詰まらせて涙しました。

 

上田監督は

「茜の涙を見たのは久しぶり。でも昔流した

涙とは意味が違う。あれは茜を強くする涙です」

 

この先、この経験をバネにして、きっと強く

なることと思います。

 

 

皆さまは、現在開催している

夏の全国高校野球大会を観て

いらっしゃいますか ?

毎年この、旧盆の時期は、

全国高校野球甲子園大会で、盛り上がり

を見せる高校野球ですが、リオ五輪の陰に

隠れて、あまり話題になっていないような

気がするのは私だけなのでしょうか。

f:id:kayo0130:20160818035737p:plain

 

栃木県代表で作新学院高校が出ていますが、

今井達也投手が話題になっています。

13日の試合では、今大会最速の151キロ

を出して、完封勝利しました。

f:id:kayo0130:20160818035232p:plain

甲子園で150キロ以上を出したのは、

24人目で、このうち甲子園デビュー戦で

150キロ以上、2桁奪三振、完封を揃え

たのは今井投手が初めてだそうです。

 

作新学院OBの江川卓氏は

「投手からすれば、金属バットになって

三振が取りづらくなっていることは間違い

なく、そんな中での13奪三振は素晴らしい !」

 

今日は、埼玉の花咲徳栄と対戦して、

今井投手は自己最速を更新する152キロを

マークして、2試合連続の二桁三振を奪う

快投でベスト8入りをしました。

 

作新学院は4年振りの準々決勝に進みました。

この先も、今井投手の剛腕で準決勝、そして

決勝戦まで進んで、優勝旗を栃木に運んで

欲しい !!

 

余談ですが、今井投手は、私と同じ
栃木県鹿沼市の出身です。
中学も同じ中学出身です。
 
読んで頂きありがとうございます。
失礼いたします。   篠原香代