読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

【リオ五輪】テニス・錦織圭ががんばった!96年ぶりの快挙!銅メダル獲得!

こんばんは~  篠原です。

皆さまは錦織とナダルの試合をご覧になった

でしょうか?

過去1勝9敗の対戦相手ナダルに勝利して

見事に銅メダルを獲得しました。

 

日の丸を背負った錦織は、忍耐と集中力で

見事に強敵ナダルをくだしました。

体力や技術の勝負ではなく、何か神がかり

的な特別な力が宿っていたように思えたの

ですが、皆さまはどう感じましたか?

 

オリンピックのメダルを獲ったからといって、

特別な賞金があるわけではなく、世界ランク

への加算もありません。

それでも、錦織は日の丸を背負い、自分の

ためではなく、日本のために頑張ったのです。

f:id:kayo0130:20160816001142p:plain

 

4強入りを決めた対戦相手がモンフィス

の時も、2時間53分の死闘を制して勝利

しました。

最後にモンフィスが打った球がラインを

超えて、勝利が決まった瞬間、ラケット

を置いて両手で顔を覆いました。

そのしぐさが、錦織の気持をすべて表して

いるようでした。

f:id:kayo0130:20160816001444p:plain

 

ファイナルセットもずっと劣勢でした。

3連続のマッチポイントからの大逆転勝利

でした。

モンフィスとの勝負に精神力で勝利を

つかみ取って、ロンドン五輪での8強を

超えて、準決勝はA・マリーとの対決に

なりました。

 

そして、大会9日目の13日、苦手として

いる第2シードのアンディ・マリーとの

対戦でした。

この試合は、試合後錦織が「ミスが多すぎた」

と言っているとおり、私が見ていても、錦織

の強さや精神力などは全く出せないで終わって

しまったように思います。

 

セットカウント0-2でストレート負けを

してしまいました。

この準決勝で負けたことで、錦織は翌日

銅メダルをかけて、ラファエル・ナダル

の対戦が決まりした。

 

そして今日を迎えたのです。

世界ランキング5位のナダルに、錦織は

どのように、対戦して勝利したかと言えば

一口に今日の錦織はミスが少なかったと

いえるかもしれません。

 

ドロップショットを使ったり、エアーケイで

すばらしいショットをして、観ていて安心

できました。

 

最後は錦織のサーブにナダルの返球が外れた

瞬間、錦織は2度も3度も右手を挙げて

ガッツポーズしました。

2時間49分の激闘の末、96年振りに、日本

にもたらしたメダルです。

f:id:kayo0130:20160816002252p:plain

 

北京五輪の金メダルを獲得して、生涯グランド

スラム達成者のナダル

「たとえ100%の力が出せたとしても、錦織

との対戦で勝つのは、すごく難しい」と

言わしめたのです。

 

雨の順延の影響もあって、4日間連続の試合

でした。

世界ツアーでは体験のない過酷な戦いでした。

限界に近い体で「何回も気持ちが折れそう

になった」といいます。

 

「確実にレベルアップを感じるほどの大きな

収穫」と言い、3度目の五輪での初メダル

に、これで満足することなく、4年後の

日本での開催のときには、「もっと強い

気持ちで、強くなってまた臨みたい」と。

 

そして、その時は世界の頂点に立てる

ように、一番輝いているメダルを獲れる

ようにがんばって欲しいと思います。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代