読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「酢しょうが」で夏バテ解消!免疫力アップ!ダイエットにも効果的!

こんばんは~  篠原です。

皆さまは、最近話題になっている

「酢しょうが」

を、ご存じでしょうか?

 

タレントの小堺一機さんが、10日間

食事に「酢しょうが」を取り入れたところ

血管年齢が17歳も若返ったと、情報番組

で取り上げられて、そこからブレイクした

「酢しょうが」を調べてみました。

f:id:kayo0130:20160803021812p:plain

 

日常の生活に取り入れやすいということ

からハマる人が続出しています。

f:id:kayo0130:20160803005448p:plain

 

「酢しょうが」が注目されている理由

①薬味に万能

スライスやみじん切りにした生姜をお酢に

漬け込んだもので、お寿司のガリのような

ものです。

そのままでも食べられますが、薬味に使ったり

料理に使ったり、ちょい足ししたりと万能

に使えます。

 

②酢と生姜の組合せが抜群

酢は酢酸菌を発酵させた発酵食品で、生姜の

植物繊維は善玉菌のエサになり、腸内環境を

改善します。

 

 

「酢しょうが」の4つの効果

①肌を若々しく保ち、免疫力もアップ

生姜には、すぐれた抗酸化作用があります。

老化の原因になる活性酸素を除去して、

細胞のダメージを軽減します。

血小板の粘りを抑え、血栓を防いで血液を

サラサラにします。

免疫細胞を刺激して、免疫機能を活性化させ

て,病気になりにくい体を作ってくれます。

 

②内臓脂肪を減少する

生の生姜に多く含まれる、ジンゲロールという

成分には、脂肪の蓄積を抑える作用があります。

酢も、毎日大さじ一杯以上取ることで、

内臓脂肪、皮下脂肪が減らせるという作用が

あります。

 

冷え性が改善できる

ジンゲロールは加熱・乾燥することで

「ショーガオール」という成分に変化して

身体を温める働きがあります。

 

④減塩になる

酢しょうがをレシピに加えるだけで、味が

しっかり付くことから、薬味や調味料として

活用することにより、塩分を控えめにすること

ができます。

 

「酢しょうが」の作り方

基本的には、生姜を刻んで酢に漬けるだけです。

一日漬けたら完成です。

お酢の種類は、家にあるものでOKです。

米酢・りんご酢・黒酢・・何でも好みで大丈夫

です。

 

①生姜を良く洗い、皮つきのまま、薄くスライス

して密閉容器に入れます。

②お酢を生姜がヒタヒタになるくらいまで注ぎます。

③蓋をして冷蔵庫で保存します。

2~3日、経ったころが食べごろです。

冷蔵庫で2~3週間保存できます。

(お好みでハチミツを加えると食べやすくなります)

 

一日の推奨摂取量

一日の摂取量は、生姜20g、お酢大さじ2杯

程度を一日数回にわけて、摂取するのが、理想的です。

過剰に摂取するのは、逆効果です。

f:id:kayo0130:20160803022059p:plain

「酢しょうが」を食べて、この夏の暑さを

乗り切りましょう!

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代