読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「熱中症」死亡者の9割が屋内で!!

こんばんは~  篠原です。

関東地方では、昨日と今日は気温が

下がって過ごしやすい日が続きましたが、

皆さまの地域はいかがですか ?

 

気象庁によると、この夏は2010年以来

ラニーニャ現象によって、猛暑になる

との予報が出ています。

2010年は、北日本、東日本で記録的な

猛暑となり、東京23区内だけで、熱中症

死亡者は210人で過去最多となって

います。

ちなみに全国では1731人が亡く

なられています。

f:id:kayo0130:20160707021208p:plain

気温が急上昇する梅雨明けの後は脱水症

が元になって熱中症をおこす人が増え

るのです。

湿度が高く、汗をかいても体温が下がらず

脱水症になり、異常な体温上昇から熱中症

に進みます。

 

この5年間に熱中症で死亡した人の9割

が屋内で発見されています。

「屋内は大丈夫」と誤解している人が多い

ようです。

 

これから夏本番になります。

熱中症にかからないように自分自身で

気を付けて猛暑を乗り切りましょうね。

f:id:kayo0130:20160707033745p:plain

熱中症の症状

①めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ顔のほてりなどの

症状が出たら、熱中症のサインです。

 

②筋肉痛や筋肉のけいれん

「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉

がつるなどの症状がでる場合があります。

 

③体のだるさや吐き気

体がぐったりして、力が入らない。吐き気

やおう吐、頭痛などが伴う場合もあります。

 

④汗のかき方がおかしい

拭いても拭いても汗が止まらない。または

全く汗が出ないなど汗のかき方に異常が

ある場合は熱中症にかかっている危険性

があります。

 

⑤体温が高い。皮膚の異常

体温が高く、皮膚を触るととても熱い、

皮膚が赤く乾いているなどもサインです。

 

⑥呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

声をかけても反応しなかったり、おかしな

返答をする。体がガクガクとひきつけを起こし

まっすぐ歩けないなどの異常があるときは

重度の熱中症にかかっています。

 

⑦水分補給ができない

呼びかけに反応しなく、自分で上手に

水分補給ができない場合は、大変危険な

状態です。無理に水分を飲ませるのは

止めて、すぐ病院に。

 

もう皆さまも十分ご存じと思いますが、

のどが渇いていなくても、こまめに水分

補給をして、適度な塩分も取りましょう。

 

最高気温が34℃以上の日が連続して

あった時期に、死亡者が増える傾向が

あります。

 

環境によっては誰でも熱中症になる危険性

があります。

10代はスポーツをしているときに、

20~50代は仕事中に、

60代以上は日常生活の中で熱中症にかかる

危険があります。

 

年を取ると、認知能力や運動能力とともに、

感覚も鈍くなります。

やはり熱中症で亡くなるのは、圧倒的に

高齢者が多いので、しかも家の中にいて

熱中症にかかり死亡する人が9割という

ことですから、家の中にいても、十分に

水分と塩分の補給をして気を付けましょう。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代