読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「バングラディシュ人質事件」20人の遺体発見・日本人7名の死亡確認!

こんばんは~  篠原です。

また悲惨な事件が起きてしまいました。

 

しかも今回は日本人が犠牲になって

しまいました。

 

バングラディシュの首都ダッカ

グルシャン地区で1日の夜、外国人が

集まる飲食店に武装グループが押し入り、

飲食店のお客さまや店員を人質に取って

立てこもりました。

 

武装グループととの銃撃戦で警察官2人

が死亡し、約30人が怪我をしたという

ことです。

 

そして、立てこもりの開始から10時間

余りたったあと、治安部隊や軍の兵士などが、

店内に突入しました。

f:id:kayo0130:20160703032442p:plain

 

日本人1人を含む13人を救出しました

が、現場からすでに死亡している20人

の遺体が見つかって、現在身元の確認

を急いでいるとのことです。

 

殺害された多くは鋭い刃物で殺害されたと

いうことです。

 

事件が起きた地区は、大使館や外国企業

が集まり、普段から多くの外国人が訪れる

ところで、事件が起きたときは、

イスラム教の断食の月=ラマダ中の最後の

金曜日の夜で店は多くの人でにぎわって

いました。

 

過激派組織IS=イスラミックステートに

つながりのある「アマーク通信」が

「ISがダッカの外国人が好むレストランを

襲撃した」と伝えています。

 

日本人7人の死亡が確認

当時店内に8人の日本人がいたとみられて

います。

この8人の内、治安部隊により救出された

1人の日本人の名前は、渡邉玉興さんです。

 

後の男性5人、女性2人の合わせて7人は

バングラディシュ政府が遺体を搬送した

病院に7名の日本人が含まれていることを

確認して、写真や所持品などから、7名は

JICAのプロジェクトのコンサルタント

関係者のようです。

 

官房長官は「政府としては対応に万全を

尽くしてきたが、バングラディシュ発展

のため尽力された方々がこのような結果に

終わったことは、痛恨の極みであり残念

至極だ。亡くなられた方々のご冥福を

心からお祈り申し上げる」と述べました。

 

そして「政府として成し得る限りの支援

をしていきたい。明日にも政府専用機

派遣するための準備をしている。

残虐非道なテロで罪のない方々の命が

奪われ、強い憤りを覚える。

いかなる理由があってもテロは決して

許されるものではなく断固として非難

する」と述べました。

 

テロというのは本当に、何の罪もない

人々を平然と殺害する。

人の命をなんとも思っていない。

本当に殺害された人たちの無念さを思うと

何とも言えません。

 

今回も治安部隊が突入する前に、人質

にされていた人たちはもう殺されていた

そうです。

 

犠牲になられた方たちの

ご冥福をお祈り申し上げます

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代