読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

煙がでない革新的タバコ「加熱式タバコ」とは?

こんばんは~  篠原です。

今、愛煙家に注目の「加熱式タバコ」って

皆さまご存じですか ?

 

加熱式タバコとは

タバコの葉を電気で温め加熱することに

よって、蒸気を発生させるタバコのことです。

 

加熱式タバコの特徴

火を使わないため、タバコの「臭い」や

「煙」が全然出ないことです。

 

喫煙者なら誰でも経験があると思いますが、

タバコ特有のくさい臭いや副流煙で嫌がられ

るという思いをしなくて済むのです。

 

フィリップスモーリス社より発売されている

iQOS(アイコス)という商品ですが、

現在、商品が入荷しなく品薄状態で予約も

できない状態が続いています。

f:id:kayo0130:20160628032337p:plain

フィリップモーリス社の発表では、有害な

成分も紙タバコより大幅に削減されている

そうです。

 

それから屋内空気に悪影響を与えないという

結果がでていて、タバコは禁止でもアイコス

は大丈夫という飲食店も増えてきている

ようです。

 

メリット

●ほとんど臭いがないので家族に煙た

がれる心配がない。

●灰がでないので吸う場所を選ばない。

●部屋や車の中が黄ばまない。

●火を使わないので火事の心配がない。

●有害物質が少ないので、体調が悪く

ならない。

 

デメリット

●初期費用がかかる。

●一本ごとに充電が必要。

1本吸うごとに6分ほどの充電をします。

●メンテナンスが必要。

だいたい1箱吸うごとに、付属のブラシで

本体内をクリーニングする作業が必要です。

●健康を害する恐れ。

煙がでないといってもニコチンは含むため

紙巻タバコ同様です。それでも紙巻きタバコ

に比べ有害な物質は9割近く削減されて

います。

 

iQosに続いて、今年3月にJTで

加熱式タバコ「プルーム・テック」が発売

されましたが、こちらも売切れ状態で、

6月23日より再度、福岡市の一部販売店

全国のオンラインショップで再販予約を

開始しているようです。

f:id:kayo0130:20160628033144p:plain

アイコスとプルーム・テックの比較

f:id:kayo0130:20160628025448p:plain

①アイコスは重さが約120g、

プルーム・テックは16.6gです。

②アイコスはUSBケーブルがあればどこでも

充電可能

プルーム・テックは専用のUSBチャージャー

が必要

③吸ったときの満足感はアイコス

④吸った時の臭い

葉巻タバコを10とするとアイコスは3~4

プルーム・テックは0

⑤吸ったときの味

これは人それぞれ違うと思いますが、

一般的にはプルーム・テックの方が

すっきりした味わいで美味しいとのこと。

⑥吸ったときの水蒸気の量

アイコスよりプルーム・テックのほうが

水蒸気の量が多いため、吸ったときの

満足感は高い。

⑦価格

アイコス=9980円

プルーム・テック=4000円

 

タバコを止められれば一番なのですが、

なかなか止めようと思っても止められない

人は沢山いるのではないでしょうか?

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代