読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「松山英樹」と「錦織圭」のリオ五輪出場への考え方の違い!

こんばんは~  篠原です。

全米オープンが開催されています。

松山英樹は天候の関係で、36ホールを

1日でラウンドしました。

 

残念な結果になりました。

12オーバーでプレイを終えて、

予選通過はほぼ絶望的となりました。

現時点では6オーバーまで、65位タイ

までの選手が予選通過できるとのことです。

 

谷口徹は16オーバーで予選落ちですが、

宮里優作谷原秀人池田勇太は2日目の

ラウンドを今、戦っています。

これを書きながら中継を見ていますが、

宮里優作がイーグルを取ったりして

頑張っています。

3名がすべて本戦に残ってくれればと願い

ながら見ています。

f:id:kayo0130:20160619024259p:plain

 

リオデジャネイロ五輪まで約2カ月となり

ましたね。

松山と錦織は、ゴルフ、テニスと舞台は

違いますが、ともに「メジャー」と

呼ばれる世界4大大会のタイトルを

初めて取れる可能性の高い選手です。

 

そんな2人ですが、五輪に対しての気持

は少し違うようです。

 

ゴルフ男子は欧米のツアー日程に五輪が

入ったため、メジャーの日程が過密に

なって、調整が難しくなっているのは

確かです。

 

テニスは1988年のソウル五輪より

正式種目になりました。

ゴルフは112年振りに五輪競技に復帰

したために、慣れていないということも

あるかもしれません。

 

日程の過密を理由に五輪を軽視している

ゴルフのトップ選手も多いのです。

また賞金もでないので、日本のゴルフ界も

独自の報奨金や出場資格など「ご褒美」を

検討していますが、メジャー賞金とはケタ

が違います。

 

「賞金が出ないから」とあからさまに言う

選手はいないけれど、2013年の

マスターズのタイトルを取った

アダム・スコットは、「その時期は忙しい」

と欠場を決めています。

f:id:kayo0130:20160619024632p:plain

 

松山英樹は世界ランク15位で、ほぼ確実に

日本代表になりますが、6月の第1週目の

米ツアー大会会場で、南米で流行している、

ジカ熱に対する情報が入らないことへの

不安を語っていました。

 

ジカ熱を理由にシン(フィジー)が欠場

を表明しています。

昨年全米オープンで優勝した

スピース(米国)は、全米オープン

会見で「脅威なら行かない」と発言

しました。

不安を口にしていた

マキロイ(アイルランド)は出場を表明

しています。

 

松山英樹は「ギリギリまで出場するか

どうかわからない」と言い、メダル候補

として期待されていることで「出ないと

言ったら、世間の反応が怖い」という気持

もあるということです。

 

錦織圭は五輪に対して「オリンピックは

4大大会やマスターズと同じくらい大事。

メダルにかける思いもある」と世界ランク

6位で臨む五輪に意欲をみせています。

f:id:kayo0130:20160619025011p:plain

どうしてこんなにも五輪に対する2人の

考え方の違いがあるのでしょうか?

 

松山英樹は「ゴルフが上手い」ことも

「スポンサー」も一番ではありません。

「ゴルフを見てくれる」「ゴルフをする」

多くの人たちがいます。そして五輪で

初めてテレビを見る人もいるでしょう。

そういう人たちが、テレビを見てゴルフに

興味を持ってくれる。そしてゴルフをやって

くれるようになるジュニアを増やすための

五輪なのです。

 

それでなくても、ゴルフ人口はどんどん

少なくなっています。

松山英樹は自分だけのことではなく、

そういうこともトッププロとして

「決断」の要素に加えて欲しいと希望

します。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代