読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「猫ブーム」その経済効果からネコノミクスという言葉が誕生するほど!

こんばんは~  篠原です。

皆さま猫は好きですか?

猫派と犬派に分かれると思いますが、

私は犬派です。

 

近年「猫ブーム」に湧く日本ですが、

その経済効果から「ネコノミクス」という

言葉まで生まれています。

f:id:kayo0130:20160531015133p:plain

 

一方で不幸になる猫が増えているのも

現実です。

可愛いところだけを取り上げたテレビ

番組は無責任だと思います。

f:id:kayo0130:20160531014603p:plain

 

猫だって生きているんです。

簡単じゃないということを良く考えて

それでも、猫を飼いたいという気持ちが

ある場合は、可愛いから、癒されるから

だけではなく、それ以上に飼育の大変さ

を頭の隅に入れておいて下さい。

 

病気もします。年も取ります。お金も

かかります。

 

生涯、可愛がって、面倒を見て、

人間の4倍もの速さで年を取っていく

ということを、よ~く頭の中に叩き込んで、

将来、老猫になってもきちんと面倒をみて

あげられる覚悟をもって、猫を家族に

迎え入れて欲しいです。

 

日本では年間20万頭もの犬や猫が

殺処分されています。

それは

飼育放棄による保健所への持ち込み

「仕事がなくなった」

「離婚するから」

「トイレを覚えない」

「子どもが飽きたから」

など信じられない理由で保健所に持ち込む

というケースがまだまだ多いといいます。

 

悪質な繁殖業者(ブリーダー)による

乱繁殖

人気のある種類を飼育する能力がないのに、

無理に繁殖させ病気や大きくなりすぎて

しまった個体は飼い殺すような悪質な

ブリーダーもいます。

こういう業者は母猫は子どもを産めなく

なるまで産ませ続け、子猫は産まれてすぐ

母猫から引き離すため、健康や性格に問題

を抱えてしまう場合が多いです。

 

2013年9月の動物愛護法の改正により

引き取り屋ビジネスが増え、ブリーダーから

犬や猫を引き取り、劣悪な状況で飼育して、

悲惨という言葉ではいい表せない状況で

見た人は、想像を絶する飼い方をしている

といいます。

f:id:kayo0130:20160531015951p:plain

野良猫の問題

捨てられたり、もともと飼い主がいなく

野良化してしまった猫はよく見かけます。

こういう猫たちは、動物愛護団体や地域の

住民の努力によって、去勢や避妊をされて

地域猫」として飼われていることもあり

ますが、糞や鳴き声の騒音で害獣と見られ

たり、動物虐待の被害にあったりして、

弱って殺処分されることもあります。

 

猫を飼うという気持ちが固まったとき

には、できれば、愛護団体や里親募集から

引き取り里親になって下さい。

現在はインターネットで各地域の飼い主

を募集する「里親募集掲示板」を簡単に

見ることが可能です。

殺処分されてしまう野良猫、犬を救う

ことにもつながります。

じっさいに里親になったあとも、

動物愛護団体が飼い方をフォローして

くれるし、いろいろな面で助けてくれます。

 

現在、猫の値段は、猫ブームということで

ペットショップでは3倍の値段になって

いるそうです。

子猫の時は確かに可愛いですよね。

そして気持ちが癒されることも確かです。

 

でも、それ以上に、生き物を飼うという

ことは、大変なことなのです。

よく「犬より猫の方が飼いやすい」

といいますが、絶対にそんなことはあり

ません。

 

不幸になる猫をこれ以上増やさないよう

に、責任をもって飼うということで、

殺処分ゼロになる日がくることを願う

ばかりです。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代