読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「マドリード・オープン」で悪童ニック・キリオスと対戦した錦織圭!

こんばんは~  篠原です。

f:id:kayo0130:20160526005109p:plain

錦織圭は、マドリード・オープンでは

順々決勝で豪州の21歳の悪童といわれている

ニック・キリオスと対戦しました。

 

6-7・7-6・6-3の接戦で錦織

が勝利して、ベスト4にコマを進め

ました。

準決勝の対戦相手はジョコビッチ

決まりました。

 

錦織が倒したキリオスは暴言やプレー

態度が悪いことで有名な選手です。

今回も第2セットの途中でラケットを

ブン投げて、警告を受けました。

f:id:kayo0130:20160526005600p:plain

 

2014年の全米OPでは、ボールを

コートの外に打ち出したり、わいせつな

言葉を吐いて3度の警告を受けました。

 

昨年の「全英OP」では、審判に対する

暴言で1万ドル(当時約120万円)の

罰金を科せられました。

 

8月の「ロジャーズ杯」でワウリンカとの

試合中に「俺の友達はお前の彼女と寝たぞ」

と、ささやく声をコートサイドのマイクが

拾って大問題になりました。

この件でまた1万ドルの罰金でした。

 

その後、執行猶予がつく2万5000ドル

の罰金と28日間のツアー出場停止という

追加処分を言い渡されたのでした。

 

それでも、その程度のペナルティで

おとなしくなる「悪童」ではなく、直後の

「全米OP」では、試合中に大声をあげて、

警告を受け、10月の

「マスターズ上海大会」でも下品な言葉で

1500ドルの罰金刑を受けました。

 

今年もドバイ・デューティ・フリーの

準決勝のワウリンカ戦で、スタンドに

向けて、中指を立てるしぐさをみせて、

観客から大ブーイングを浴びました。

 

錦織も、キリオスほど酷くはないけれど、

イライラが募るとラケットを良く投げる。

今季も全豪、メキシコOP、パリバOP

の他にジョコビッチに決勝で負けた

マイアミOPでもやっていましたね。

 

プロゴルフの世界でも、全盛期の

タイガー・ウッズはミスして大声を出し

たり、クラブを地面に叩きつけることが、

たくさんの場面で見られました。

 

タイガーの行為は気持ちを切り替える

ためのメンタルテクニックだという声

もあるのですが、「どんなに上手くても

その前にマナーやエチケットが大切です」

と教わっているジュニアにとっては、

悪いお手本でしかありません。

 

昨年のロリー・マキュロイもそうでした。

打ったボールが池に入ったとき、思い切り

クラブを池に放り投げました。

このときは私もテレビで見ていて、全世界

でこの場面を見ているジュニアはどう思う

だろうか。と内心思っていました。

それ以来、私はマキュロイが大嫌いに

なりました。

 

日本でも、尾崎将司のルール違反やマナー

の悪さには定評でした。今の若い

プロゴルファーにはそこまで酷い人は

見かけませんが・・・

 

日本では、トッププロに対して甘いと

いうか、なぜか腰が引けているような

気がします。悪いことは悪いときちんと

報道すれば良いと思うのですが。

 

自分の至らなさを道具に当たっている

ようではトッププロとは言えません。

なんて偉そうなことを言っている私もたまに

道具に八つ当たりすることがあります。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代