読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「テニス」全仏オープン・雨にたたられた錦織の初戦!

こんばんは~  篠原です。

錦織圭は現在世界ランク6位です。

センターコートで行われた22日の錦織

の初戦は、前の試合が長引いて、開始時間

まで、かなり待たされたあげく、第2セット

4-4で雨のため試合の途中で中断して、

2時間40分後に再開して錦織が7-5で

第2セットを取り、第3セット2-1で、

再び客席から一斉に「パッ」と音を立てて

傘の花が咲き乱れた時点で、再開の目処が

たたずに、その日の試合は順延と

なりました。

f:id:kayo0130:20160525025518p:plain

 

23日も、現地は激しい雨で夜が明け

ました。

第3セット途中でサスペンデッドになって

いた錦織の試合はセンターコート

第2試合でしたが、この日も第1試合の

開始時間が、雨のため2時間近く遅れた上

に、第1試合がフルセットで長引いたため、

錦織はこの日も待たされる時間が長かった

のですが、現地時間の午後5時過ぎ、6-1

・7-5・2-1から再スタートしました。

 

対戦相手のイタリアのシモーネ・ボレッリは

膝の故障があったようでした。

一方の錦織はペースを使ってレベルを

上げていくタイプです。

1から作り直さなければならない中断は

できることなら、避けたかったと思います。

それでも何とか6-3で勝利しました。

 

試合が終わって、体力よりメンタル面の

疲れが気になるというけれど、一日の休みで

解消できるでしょうと言っていたそうです。

 

2回戦の相手は、世界ランク40位・

ロシアのアンドレイ・クズネツォフです。

ウインブルドン・ジュニアの優勝者で

充実したオフシーズンを過ごしたことで、

今季は潜在能力が開花していて、錦織も

「きびしい試合になりそうな気はして

います」と気を引き締めていました。

 

またこの日は日本の若手が活躍しました。

全仏オープン初出場の「大坂なおみ」

同じ18歳のラトビアのエレナ・オスタ

ペンコと対戦して、パワーいっぱいの

サービスエースを6本決めて、終始、

主導権を取りストレート勝ちしました。

 

また3度目のグランドスラム本線に臨んだ

日本の男子№2の「ダニエル太郎」

スロバキアのマルティン・クリザンと対戦

してセットカウント0-2からフルセット

に入って3-0とリードしたところで

相手が棄権してグランドスラム初勝利を

飾りました。

ダニエルの次の相手は、昨年の覇者

ワウリンカです。

 

男女の上位シード勢がほぼ順当に勝ち進んで

いますが、第2シードのアンディ・マリーは

2セット先取される苦しい展開で、1セット

を奪い返して第4セット途中で日没順延と

なっています。

 

日本人初のグランドスラム(4大大会)制覇

に向けて、頑張れ――!!

錦織圭!!

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代