読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「女子ゴルフ」鈴木愛が絶体絶命の最終18番をしのいでプレーオフ制し優勝!

こんばんは~  篠原です。

愛知県の中京ゴルフ倶楽部石野コースで

開催された

「中京テレビ・ブリジストンレディス」

は、9アンダーでホールアウトした

鈴木愛・藤本麻子・上原美希の3名での

プレーオフになりました。

 

先週のように、外国勢の上位3人では

なかったのでほっと胸をなでおろし

ながらプレーオフを見ました。

f:id:kayo0130:20160523010914p:plain

 

鈴木愛はトータル10アンダーで単独首位

で最終18番を迎えました。

18番でパーで上がれば優勝という状況で

したが、神様はたやすく優勝のご褒美は

くれませんでした。

最後に試練が待っていました。

 

突っ込めば池ポチャの可能性のある、

セカンドショットはフォローの風に

あおられて、奥に転がり池ポチャは避けた

けれど、フチの岩からのアプローチになり、

ダブルボギーもあり得る状況で、なんとか

ボギーでしのいで、先に9アンダーで

ホールアウトしていた、藤本麻子・上原美希

との三つ巴のプレーオフとなりました。

 

昨年から優勝争いには絡むけれど、

ツアー2勝目に届かない試合が続いて、

スタジオアリス女子オープン」

サイバーエージェントレディス」

最終日、最終組で回りながらも、負けて

しまったことが、頭をよぎりプレーオフ

前の心境は「後半からずっと苦しくて、

もう涙が出ていた。また負けたら・・・

と弱気になっていた」という鈴木愛でした。

 

最終日土壇場での優勝がすり抜ける状況

に弱気になっていたのを救ってくれた

のは、普段からお姉さんと慕っている

大山志保でした。

 

大山とプレーオフ前に会いハグをして

もらい「愛ちゃんなら大丈夫」という言葉

に冷静さを取り戻せたそうです。

 

プレーオフ1ホール目は上原が1mのパット

でバーディ、先に鈴木が5mのパット入れて、

2ホール目へ。

2ホール目はピン横20cmにつけるスーパー

ショットで連続バーディを決めて、涙を流し

ながら喜びを爆発させた鈴木愛でした。

 

また、5位タイで終わった「渡邉彩香」は、

23位からスタートした最終日に「67」

まわり一気に5位まで浮上しました。

f:id:kayo0130:20160523003625p:plain

リオ五輪枠で4番手になっている渡邉彩香

は、オリンピック出場権獲得に向けて、

次週の国内女子はお休みして、米メジャー

出場を切望して、全米女子オープン

予選会に出場します。

 

結果

優勝・・・鈴木愛  -9

2位T・・上原美希 -9

3位T・・藤本麻子 -9

4位・・・川満陽香理-8

5位T・・渡邉彩香 -7

5位T・・テレサ・ルー-7

5位T・・サイ・ペイイン-7

5位T・・ジョン・ジェウン-7

5位T・・下川めぐみ -7

5位T・・福田真未 -7

 

上位が日本人で嬉しい!

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代