読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

レスター岡崎慎司・成長続けた9ヶ月間・4番手からレギュラーへの道!

こんばんは~  篠原です。

世界的な話題というより事件といった方が

いいかもしれない、今季プレミアリーグ

で奇跡ともいわれる優勝を遂げた

レスター・シティ

その中で活躍した日本のサムライ岡崎慎司

f:id:kayo0130:20160506000123p:plain

岡崎慎司がレスターに移籍したのは

2015年の6月でした。

契約期間は4年

移籍金は推定1000万ユーロ(約14億円)

 

加入当初は本人も「4番手」と語って

いましたが、先発を勝ち取りチームには

欠かせない存在になっています。

ゴールを奪えないもどかしさを感じながらも、

30歳のストライカー岡崎慎司は、9カ月間

で確かな成長を続けていました。

 

レスターで中軸の一人として活躍したのが、

我らの日本代表のエース岡崎慎司でした。

リーグ戦36試合中34試合に出場して

5得点。

でも、岡崎の貢献度は数字では表れない部分

のほうが大きかったのです。

9カ月間で着実に進化して、後半戦の

スタメン定着は進化した証拠でした。

 

岡崎自身が、ジェイミー・ヴァ―ディー、

レオナルド・ウジョア、

アンドレイ・クラマリッチに続く

「4番手だと思っていた」と話していた

序盤戦ですが、本人の言葉とは裏腹に

開幕から先発起用されて、2試合目の

ウェストハム戦では記念すべき、

プレミアリーグでのファーストゴールを

決めています。

f:id:kayo0130:20160506000510p:plain

 

「本当に自分が欲しているものだった。

今までは守備とかキープとか、そういう場面

では貢献してきたが、ゴールをとってさらに

認められるというところがある」とコメント

して安堵はしたものの、その後岡崎に

ゴールドラッシュが訪れることはありません

でした。

 

その後12月までの唯一のゴールは、敵地

でのニューカッスル戦での1点のみでした。

けれど得点以外の面で持ち味を出しました。

 

本人としては、常にゴールを狙う意欲があって、

喉から手かでるほど点は欲しかったのですが、

他の選手がゴールを量産してチームを上に

押し上げる一方で岡崎は黒子のような存在

でした。

それなので、岡崎の心の中にはかなりの葛藤

がありました。

f:id:kayo0130:20160506001445p:plain

 

転機を導きだしたのは、自らの気持の変化

でした。12月19日のエバートン戦で

シーズン3点目を決めた岡崎は、4か月

ぶりのフル出場で疲れ切っていたけれど

すがすがしい表情でした。

出ている選手よりも違いをだすのは結果。

それをずっと意識して練習しています。

 

後半戦を迎えて、2016年の3戦目と

なった、FAカップのトッテナム戦では

DFを3人かわして見事なソロゴールを

して、さらにアストンビラ戦では今季

リーグ戦4点目となる先制ゴールを

決めたのです。

 

年明け直後のボーンマス戦以外リーグ戦では

全試合、16試合連続先発出場しました。

ただ、3月中旬にニューカッスル戦でゴール

を決めたのみで、ストライカーとしては、

インパクトに欠け本人も「悔しい」という

言葉を連発してきました。

 

クラブレべルでは、自身キャリア初のタイトル

獲得で、すべてを振り切った岡崎です。

日本のサムライは英国の地でさらなる成長

ができるでしょうか。

挑戦し続ける30歳の新たな飛躍に期待したい

と思います。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代