読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

38歳・福嶋浩子がプレーオフ制し涙の初優勝!史上初の姉妹V!

こんばんは~  篠原です。

ゴールデンウイークの真最中です。

皆さまはどこかお出かけされましたか?

 

暦どおりのお休みの人もいれば、2日と

6日のお休みを取り10連休の人もいる

と思います。

 

新緑のきれいな季節です。山並みを見ると

濃い緑とうすい緑のコントラストがくっきり

としていて、その風景を見るだけで心が

癒されます。

桜の花はすっかり終わってしまい、葉桜に

なりました。

桜に代わって、ハナミズキやつつじや今は

芝桜がとてもきれいです。

f:id:kayo0130:20160503033110p:plain

 

一年で一番素敵な季節ですね!

 

1日に最終日を迎えた「女子ゴルフ」

サイバーエージェントレディス

で、38歳になる福嶋浩子が初優勝しました。

 

姉は4歳年上の福嶋晃子で、

ツアー通算24勝しています。

国内女子ツアー史上初めての、姉妹優勝

成し遂げました。

 

それにしても、見ていてハラハラさせられた

優勝でした。

初日からの首位を守って迎えた最終日でした

が、最終日は優勝のプレッシャーか「75」

と崩れてしまい、通算5アンダーで並ばれた

韓国のキム・ハヌルとのプレーオフ

なりました。

f:id:kayo0130:20160503032227p:plain

 

プレーオフ1ホール目で勝利が決まった瞬間

福嶋晃子は妹に駆け寄り「苦しかったね」と

抱きしめて涙を流しました。

 

「私は全然できない」それが妹の口癖でした。

この試合も、これまで歩んできたゴルフ人生

も、姉は妹の苦しみを一番よくわかって

いました。

f:id:kayo0130:20160503032516p:plain

後半崩れて16番ホールで、4パットした

ときは、「もう見ていられなかった」と

福嶋晃子はプレーを振り返って語りました。

 

福嶋浩子は姉の影響で13歳の時ゴルフを

始めました。

肩の故障の影響もあり、一時期はプレーヤー

から身を引き、姉のマネージャーを務めて

いました。

将来的に姉をサポートする目的で、

ティーチングプロの資格も獲得しました。

その一方で、再びプレーヤーとしての夢が

芽生えて、2007年からツアーに再挑戦

しました。

賞金シードを獲得できないシーズンがずっと

続いていました。

 

優勝会見では

「苦しかった。優勝争いは苦しいですね。

でも本当にうれしい。つらい時期があっての

優勝です。今大会のウイナーに恥じない活躍

をしたい。」と語りました。

 

今まで何度も流した悔し涙が、優勝して初めて

うれし涙に変わったのでした。

 

世の中のアラフォー世代の女性たちの励みに

なったことでしょう。

本当に

優勝おめでとう!!

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代