読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

発がん性「アクリルアミド」を含む食品はスナック菓子より野菜炒めに多い!

こんばんは~  篠原です。

皆さまは「アクリルアミド」という言葉を

聞いたことがありますか?

 

私は今日テレビで報道されたのを見て初めて

耳にした言葉でした。

 

アクリルアミドとは

ジャガイモなど炭水化物の多い食品に含まれて

います。

アミノ酸の一種のアスパラギンと糖類が

「揚げる」「焼く」「煎じる」など120度

以上で加熱調理されることによって生まれます。

 

アクリルアミドの危険性

アクリルアミドは毒物、劇物取締まり法上の

劇物に指定されています。

アクリルアミドが人の健康に与える有害な影響

としては、発がん性があるということです。

 

特にポテトチップスやフライドポテトなど油で

揚げるジャガイモ料理には、発がん性のある

アクリルアミドが多く含まれています。

 

それから今日テレビでやっていたのは、

野菜炒めに注意

ということでした。

国立環境研究所や農林水産省の最新のデータ

を見ると、日本人の平均推定摂取量は、体重

1キロあたり一日0.24μg(マイクロは

100万分の1)でした。

 

どこから取っているのかを調べたところ、

約6割を占めたのは、炒めたもやし、キャベツ

ジャガイモ、玉ねぎ、キャベツなど高温調理した

野菜だったことがわかったそうです。

f:id:kayo0130:20160429021330p:plain

 

今回の調査では、人への健康影響は明確には

されていませんが、マウス実験で、ガンが認め

られたので、高温での調理時間を短くするなど

して下さい。

 

何か特定の食品ではなく、炭水化物を含む

フライドポテトやポテトチップスなどのスナック

菓子、クッキー、トースト、シチュー、焼き肉、

そして野菜炒めなど様々な加熱調理をする一般

の料理に含まれていますから、ショッキングな

話ですね。

f:id:kayo0130:20160429021619p:plain

 

アクリルアミドは動物実験から

「遺伝毒性のある発がん物質」と判断されて

います。

この遺伝毒性とは「遺伝子」(DNA)を

傷つけて、細胞をガン化させる性質があると

されています。

ただし遺伝とはいっても、かならずしも、子や

孫に遺伝するものではありません。

 

家庭でできる調理のコツ

●食材を揚げ物や炒め物など、高温で長時間の

調理は控える。(焦がさないように食材を

よくかき混ぜる)

●野菜類、芋類は切ったあと、加熱前に水に

さらしたり、下ゆでする。

●ジャガイモは冷蔵庫に入れて貯蔵しない。

冷蔵すると還元糖が増えます。

 

不思議なことに「煮る」「蒸す」「茹でる」

などの調理では、アクリルアミドはほとんど

含まれないそうです。

 

ですから、和食を食べていれば間違いない

ということですね。

 

皆さまも自分の身体は自分で守るよう

身体に悪いという食べ物は出来る限り

取らないように気を付けて下さいね。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代