読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「Tポイントレディス」大江香織が優勝!日本人のVは昨秋以来7戦ぶり!

こんばんは~  篠原です。

「Tポイントレディス」最終日のライブ

を観ていた人は18番ホールでヒヤヒヤ

ドキドキして観ていたのではないで

しょうか ?

 

やっと日本人の大江香織がピンチから

一転して優勝を手繰り寄せました。

4年振り2勝目の優勝でした。

f:id:kayo0130:20160321013549p:plain

 

そして何より嬉しいのは、日本人の優勝が

昨秋より7戦目で今季は初めてという

ことです。

 

大江香織

1990年生まれ・25歳

7歳でゴルフを始めました。

2009年、東北高校卒業して、プロテストに

一発合格しました。

2011年、トップ10入り3回して、シード権

を獲得しました。

2012年「フジサンケイレディスクラシック」

で初優勝を飾りました。

2012年「全英リコー女子オープン」で海外

メジャーに初出場しました。

それ以降、勝利から遠ざかっていました。

2016年「Tポイントレディス」で、4年ぶり

2度目の優勝を飾りました。

 

大江香織はパットイップスが原因で、10代

の後半から、長尺パターを愛用していました。

パターの一部分を体に固定させることを禁止

するアンカリング規制が始まったのは、今年

からです。

 

 アンカリングのルール規制が決定した2013年

「私はもう終わりだ」と思っていたそうです。

通常の長さのパターでショートパットが入らず

ジレンマを抱えながら、新しいルールと向き合い

2015年の8月から、苦悩の末導入しました。

 

f:id:kayo0130:20160321013755p:plain

そんなに苦労した、パットで今日の最終18番

1メートル残したパットを沈めて優勝 !!

 

最終18番

2打差のリードで迎えた最終18番は、ギャラリー

やテレビの生中継をみていたファンは固唾を

飲んで見守る展開でした。

フェアウェイの左を流れるクリークがプレッシャー

をかけるホールです。

 

「左を怖がって、体が反応した」とティショットは

右に曲がりました。

バウンドしたボールは右の崖下に転がり、不運にも

木の根元に止まりました。しかもボールのそばに

木の枝が・・

 

難しい状況で打ったボールはフェアウェイを

横切って左の池に沈みました。

みていたファンの悲鳴がとどろく中、ドロップした

ボールはピンまでの距離が72ヤードでした。

 

1パット圏内に打てれば優勝。

2パットだとプレーオフという現実が迫る中、

打ったボールはピン側1メートル。

 

そして、1メートルのパットを沈めて優勝 !!

そういう状況だと、普通でも外してしまう

パットを、短いパターで良く沈められたと

思います。偉いです。

 

アンカリング禁止に伴って、パッティングに

悩み抜いたことは、語り尽くされてきました。

 

初勝利から4年の歳月を要して「2勝目はもう

挙げられないのじゃないか」という不安が

いつもつきまとっていたそうです。

努力が報われた優勝ですね。

 

大江香織選手

優勝本当におめでとう🎊

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代