読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

野球賭博だけでは終わらなかった!腐敗止まらぬ巨人軍!

こんばんは~  篠原です。

巨人の選手が自チームの公式戦の勝敗を

対象にしてお金をやり取りしていたことが

判明しました。

選手が試合ごとに現金を出し合い、勝てば

試合の円陣「声出し」をした選手が

総取りするルールです。

 

巨人もこのことを認めて、1試合あたり、

投手、野手で総額14万円が動いていた

と説明しました。

f:id:kayo0130:20160317022755p:plain

 

野球賭博に関与して無期失格処分を受けた

元巨人軍の笠原将生投手は、取材に

「1000円から連勝するごとに、3000円

5000円とどんどん金額が跳ね上がる。

レートが上がりすぎてわざと打たないこと

も可能だった」と敗退行為による八百長をも

示唆していたので、大変な問題です。

 

これに対して森田総本部長が

「レートが跳ね上がることはなかった」と

笠原の証言を否定して「縁起のいい『声出し』

役に、みんなでご祝儀を出そうということに

なった。験担ぎの意味合いもあり、賭け事

とは全く異質の行為。敗退行為とは全く

正反対」と説明しましたが、野球賭博

常習者が何人もいたのに、「験担ぎ」なんて

あり得ないと思うのですが・・・

 

巨人、NPBは「賭け行為ではない。

小額だから敗退行為ではないと判断した」

ということですが、

試合の勝敗に『握り』をしておきながら、

「賭けには当たらない。敗退行為ではない

から問題ない」という巨人とNPBの認識

が今回の騒動を招いているのではない

でしょうか。

 

開幕前にファンにこんな疑念を抱かせて

しまった選手と球団に公式戦を戦う資格

があるのでしょうか。

 

巨人はトランプ、麻雀、高校野球、ゴルフ

と日常的に賭け事が蔓延していたことが

わかっています。

トランプや高校野球を対象にした金銭の

やりとりはロッカールームで平然と行われて

グラウンド内でも練習中のノックの際に

ミスの数に応じて、数十万円のお金が動いて

いたことを、笠原や同じく無期失格処分を

受けた松本竜也元投手が暴露しているのです。

 

4人目となる高木京介投手の野球賭博関与

が発覚した際、久保球団社長が今季の

ペナントレースについて、「首脳が責任を

取って辞任することをもって、ぜひ参加

させてもらいたい」と訴えていますが、

その資格が問われる重大な不祥事と認識

しているからこそと思います。

 

「今回の問題をプロ野球全体のことだと

共有し、12球団が襟を正す反省材料と

しなければ、意味がない。

そのためにも、巨人には厳しいペナルティ

を科す必要がある。

ファンからペナントレース不参加の厳罰を求

める声があがっても仕方のないことだと思い

ます」と弁護士の佐藤司氏が言っています。

 

そして阪神もチーム内で試合前の円陣での

「声出し」やノックで現金のやりとりが

あったことを認めました。

 

その他の球団でも絶対同じようなことは、

あると私は思っています。

 

笠原は自身のツイッターで「真実を言って

いきます」とさらなる爆弾投下を予告した

そうですが、もうこれ以上腐っている

内部情報は聞きたくないと私は思います。

 

昭和40年代の「巨人、大鵬、卵焼き」の

時代が懐かしく思います。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代