読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

岡山市のペットショップ・販売やめて殺処分される犬の里親探し!日本の殺処分の現状!

こんばんは~  篠原です。

ペットの販売をやめたペットショップ

があります。

かつて犬や猫を展示していたガラスケージ

があった場所には、保健所などで殺処分を

待っていた犬たちがいて、新しい飼い主を

待っています。

 

販売をやめたのは岡山市にある

「chou chou(シュシュ)岡山店」

2006年に開店して、もともとは犬や

猫を販売してきましたが、昨年1月に

やめました。

f:id:kayo0130:20160308002731p:plain

 

現在は、フードやグッズの販売、トリミング

などのサービスを提供しながら、殺処分される

予定だった犬の譲渡先を探す「里親探し」

をしています。

 

販売をやめて譲渡先探しに切り替えた

理由とは・・・

「ペットを飼おうと思えばペットショップへ

行くのが当たり前のことで、日本全国で

ペットショップはどこでもあります。

ペットを飼いたいという人がいる一方で

飼い主に捨てられて殺処分を待っている

ペットもいます。その2つを結び付けたい

と思った」とショップの責任者の沢木崇さん

が言っています。

 

経営が成り立っているのか心配してしまい

ますが・・・

「うちの場合は、生体販売よりも、

フード販売やトリミングなどの比率が

高かったのでやっていけるという見通しは

ありました。またペット販売に対して

批判的な声もあるなかで、経営的な面

からも、いずれは脱却しなければいけない

時がくると思っていた」との事です。

f:id:kayo0130:20160308003259p:plain

 

処分の実態

年間犬約10万匹、猫約20万匹

合計約30万匹が処分されています。

1日850匹、約100秒に1匹の

犬や猫が処分されています。

 

犬猫が保健所に持ち込まれる理由

●引っ越すから

●子供がアレルギーだったから

●リストラにあったから

●トイレを覚えないから

●かわいくないから

●子供が飽きたから

そしてペットショップやブリーダーの

売れ残り

 

犬猫は保健所に持ち込まれてから一般的

には3日~20日程度で処分されます。

 

動物を飼う以上、最後まできちんと面倒を

みるのが常識で、命を預かる者としての

責任です。

無責任な理由により、ペットを手放す飼い主

がまだまだ多いのが現状だそうです。

 

 

犬猫の処分を減らしていくには

●飼う前にもう一度考える

●避妊去勢手術をする

●迷子札をつける

里親になる!

 

ドイツでは、捨てられた犬猫、飼い主

が飼えなくなった動物を絶対に処分しません。

ドイツには処分場は1つもありません。

その代わりに里親探しのための「動物の家」

というシェルターが500を超える数あります。

 

動物の家に保護され暮らしている動物たちに

「滞在の期限」はありません。

 

日本でも国をあげて、いろいろな対策をして、

処分される小さな命を救ってほしいと

切に思います。

 

ですから、シュシュさんのような

ペットショップがどんどん増えてくれれば

と思います。

処分される犬猫の数からしたらほんの

一握りかもしれません。

でも一握りでも犬や猫が救われるのは処分

されるより、ずっと大切なことなのです。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代