読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

あれから10年「吉田有希ちゃん殺害」事件の初公判!勝俣被告が無罪主張!

こんばんは~  篠原です。

吉田有希ちゃん殺害事件

2005年12月に起きた事件ですから、

もう10年過ぎたのですね!

 

f:id:kayo0130:20160301031225p:plain

私は栃木県在住なので、この事件のこと

は、とても関心がありました。

誘拐された場所も、今市方面のゴルフ場に

行くときには通る道路なので良く知って

います。

なかなか犯人が見つからず、やっと逮捕

されたのは、8年も経ってからのことでした。

f:id:kayo0130:20160301030955p:plain

 

誰よりも、この裁判を心待ちにしていた

有希ちゃんのお母さんが亡くなってしまった

ことは、今日の報道で知ってびっくり

しました。

くも膜下出血で、まだ40代の若さで

亡くなられたそうです。

勝俣被告が逮捕されたことは知っていた

そうですから、きっと天国で有希ちゃんに

話していることでしょう。

 

勝俣被告は一度は罪を認めながらも、

今日の初公判で「殺していません」

起訴内容を否認して無実を主張したのです。

 

勝俣被告と有希ちゃんを結びつける客観的

証拠は多数あり、有希ちゃんの遺体について

いた猫の毛が勝俣被告が飼っていた猫と同種

だった点や事件を起こしたことを謝罪する

手紙を被告の母親宛てに書いていることなど

もあげ、なにより自白していることを、検察側

は述べました。

 

弁護人は「被告は事件とは無関係」と延べ、

威圧的な取り調べを受けて追い込まれた自白

だと主張しています。

 

裁判は自白の信用性と任意性を争点に、検察側

と弁護側が全面対決する構えです。

 

 

訴状

勝俣被告は2005年12月1日、下校途中の

有希ちゃんを連れ去り2日午前4時ごろ、

遺体発見現場付近で、有希ちゃんの胸をナイフで

数回刺して失血死させた。

 

審議は3月22日の結審まで15回あります。

商標法違反罪の有罪判決も踏まえて、31日に

判決が言い渡される予定です。

 

有希ちゃんの遺族のコメント

待ちに待った裁判がようやく始まります。

有希が奪われてから10年以上が過ぎましたが

「なんの罪もない有希がなぜ殺されたのか」

未だに理解することができず苦しんでいます。

昨年5月に有希の母親の洋子が亡くなり

ましたが、「真実が知りたい」と誰よりも

裁判の開始を心待ちにしていました。

私たち遺族は、そうした洋子の意思を

あわせて、この裁判に臨んでいく覚悟です。

 

勝俣被告の母親(57歳)のコメント

思い出してみると、事件のあった平成17年

12月1日頃、私は息子のアパートに週1回

くらい掃除などをしに行っていました。

しかし息子のアパートに不審な物は見当たり

ませんでした。

またこのころ、息子の様子がいつもと比べて

おかしいということもありませんでした。

ですから私は息子の無実を信じています。

 

検察側は、詳しい証拠は順次法廷で明らかに

していくということですが、次回は自白した

時のビデオも公開されるようです。

 

裁判で裁判員は難しい判断を迫られること

になりそうです。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代