読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

ロシアのサファリパークのトラとヤギの心温まる友情に亀裂が!

こんばんは~  篠原です。

ロシアのシベリアにある

サファリパークで、希少なアムールトラ

飼育されています。

 

ある日、トラのエサとして1頭の黒ヤギが

送り込まれました。

このサファリパークでは週に二度ほど、

生きたまま動物を放って捕食させることを

習慣にしています。

f:id:kayo0130:20160210005944p:plain

 

ウサギやヤギが大好物だという、アムールトラ

ですが、黒ヤギを敷地内に入れたとき、

通常なら逃げ回るのですが、黒ヤギは全く

逃げ回ることもなく、それどころかトラに

向かって角で攻撃して追いかけまわした

そうです。

この行為で、トラは黒ヤギをエサとして

認識しなくなりました。

 

この黒ヤギにはロシアで古くからある児童書

に出てくる勇敢な少年の名前「ティムール」

という名前がつけられました。

 

そしてトラとヤギとの間に友情が

芽生えるというとんでもない奇跡が

巻き起こりました。

 

ティムールは敷地内に放たれてから4日目

の夜、トラの寝床を占領してしまい、

そこで寝たと言います。

トラはそれを許して屋根の上にいた

そうです。

 

アムールトラはロシア極東などに生息する

トラで、体系は大型で雄の個体で

全長3メートル、300kgを超えた例も

報告されています。

 

ティムールはアムールトラが行くところに必ず

付いて行きトラもそれを許して、ティムールが

視界から消えると心配し必死に探すといいます。

f:id:kayo0130:20160210010417p:plain

ティムールは飼育員さんが干し草や小麦、

飼料、水を与えていました。

ティムールがエサを食べている無防備な間も

襲う様子もなく自分のエサが運ばれるとそれを

食べていたトラでしたが・・・

 

トラがついにヤギに怪我を負わせてしまいました。

その理由とは

ティムールが自身の角でトラを突いたり、足で

蹴ったりという行動が見られるようになり、

耐え忍んでいたトラもついに我慢の限界がきて

しまい、ティムールの首根っこをくわえて宙に

放り投げ、坂から落とすという反撃にでたのです。

 

このことによって、ティムールは負傷して、

現在は隔離されているようです。

 

心優しいアムールトラの側で生活していた

ティムールは、ちよっと調子にのってしまったの

でしょうか。

ずっと我慢していたであろうトラの心の内を

考えると、つらい気持ちになります。

 

仲良しでいつも一緒だったのに・・・

やはり自然界の秩序を甘くみてはいけないと

いうことなのでしょうか。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代