読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

テニス「錦織圭」全豪オープン8強入り!宿敵ツォンガに完勝!

こんばんは~  篠原です。

皆さま、今日午前中テレビ中継されて

いた、テニスご覧になっていましたか?

 

私は、20代、30代、40歳前半まで

テニスに夢中になっていました。

その当時は千葉県に住んでいました。

家を購入して、たまたま購入した家の

近くに、テニスクラブがありました。

家族全員で、テニスクラブに入会して

土曜日、日曜日のほとんどの時間を

テニスクラブで過ごしました。

あの頃は楽しかったなぁ~

 

20年近くテニスをやれば、当然上手く

なるし、あちこちの遠征にも行き、充実

したテニス人生を過ごしていました。

それなのに、今お遊びでテニスをすると

ラケットにヒットしません。

 

そんなわけで、テニスの世界大会は必ず

観ています。

錦織圭が強いので特に面白い!

f:id:kayo0130:20160124210528p:plain

f:id:kayo0130:20160124210640p:plain

 

全豪オープンは大会7日目を

迎えました。

男子シングルスの4回戦が行われ、

昨年の全仏オープンの準々決勝で、今日の

対戦相手の「ツォンガ」と戦い、フルセット

で敗れた相手です。

ですから、錦織選手は今回はリベンジマッチ

でした。

 

錦織選手が「攻撃的なテニスができた」と

言うとおり、今日の錦織選手は余裕で観て

いられました。

かえって3回戦のときの方が、ヒヤヒヤ

しました。

6-4・6-2・6-4でストレート勝ち

でした。

ツォンガとは7度目の対戦でしたが、初めて

ストレート勝ちの快勝でした。

試合時間は、2時間2分でした。

 

錦織選手は、リターンが冴えツォンガの

時速210キロ超えのサーブも楽々

リターンしていました。

こういう試合は、応援している者には

ハラハラドキドキしないで観ていられて

精神的にも楽ちんでした。

 

インタビュー

「珍しくツォンガ相手にブレークできて

いいゲームができた。今日はストローク

良かった。相手の苦手なところを攻める

ことができた。攻撃的なテニスができた。

たくさんの日本人の方に応援してもらって

やり易かった」と振り返りました。

 

順々決勝は王者「ジョコビッチ

錦織とジョコビッチは過去7回対戦して

います。

対戦成績は2勝5敗。

最後にジョコビッチを下したのは、

2014年の全米オープンの準決勝でした。

このときは私も、「優勝!」がみえたと

思ってしまいましたが・・・

 

以前錦織選手がジョコビッチについて下記

のようなことを言っています。

ジョコビッチの一番の強さは安定して

いることですね。僕自身も感じていますが、

安定した試合をするのは本当に大変なことです。

1試合で爆発して良い試合をすることは可能

ですが、ジョコビッチは一歩次元が違う

ところにいるのかなと感じる。いつか自分も

できるようになりたい」

と格の違いを語っていました。

 

そんなジョコビッチも、今日のシモン戦では

大苦戦をしています。

今大会初めてセットを落とし、凡ミスも多く

試合時間は4時間半を超えています。

 

8度目のジョコビッチとの激突!

ガンバレー!!

f:id:kayo0130:20160124211058p:plain

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代