読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

40年振りの大寒波襲来!!九州・中国を中心に西日本で災害級の大雪に!

こんばんは~  篠原です。

 

毎日寒さが続いていますね。

23日からは、それ以上の寒気が入って

来る予定です。

40年に一度の猛烈な寒気

雪の目安の上空1500m付近で

-6℃の寒気は、24日(日)のピーク

時には、沖縄本島まで流れ込む予想と

なっています。

 

1957年の統計開始以来、奄美大島

名瀬で-6℃以下の寒気が流れ込んだのは

3回だけです。

名瀬上空で-62℃を記録した1977年

2月16日の翌日には、沖縄県久米島

みぞれを観測しました。

 

今回の寒気はそれに匹敵するということで

「約40年ぶりの強さ」となります。

f:id:kayo0130:20160122221403p:plain

 

西日本の市街地でも雪が降ります。

特に九州は災害級の大雪に警戒が必要と

いうことです。

市街地の積雪予想

九州南部・四国 0~10㎝

九州北部・山陽 10~20㎝

山陰      20~30㎝

近畿       3~5㎝

 

雪で交通に大打撃の恐れがあります。

物流にも影響が出ます。

雪に慣れていないので、冬タイヤを履いて

いても危険です。

立ち往生や事故が多発する恐れがあります。

西日本の皆さまは以下の準備や対策を

お願いします。

〇3日分の食料・水・灯油を確保

大雪で物流にも影響の恐れがあります。

慣れない大雪で交通機関に影響が出て

物流がストップする可能性があります。

その場合、スーパーやコンビニの

食べ物が供給されず、食料、飲料不足が

心配されます。

そのため、家族に必要な分の食料を

調達しておいた方が良いと思います。

着雪による停電も考えられるので、

停電によってエアコンなどが使えなく

なるので、ストーブなどを準備して、

灯油も補給しておいたほうが良いです。

〇懐中電灯や電池、カイロの準備

着雪による停電の可能性があるので、

懐中電灯はもちろん、エアコンやこたつ

なども使えなくなるため、カイロや毛布

などの防寒グッズの準備も必要です。

〇雪かき道具の準備

九州や中国・四国の市街地でも、積雪

10~20㎝になるエリアがあるため、

スコップどを準備して、雪かきができる

ようにしておいた方が良いです。

〇水道管凍結対策「水抜き」

水道管の凍結(約-4℃以下で発生)は、

水抜きやタオルなどを水道管に巻き付けて

保温して下さい。

ヒートショック対策

ヒートショックとは、暖かい居間から、

寒い脱衣所や浴室への移動、そして熱い

湯船に入ることにより、血圧の急激な上昇、

下降が引き起こされ、これが突然死の

原因にもつながります。

〇滑り止めや長靴の用意

積雪や凍結によって、路面は滑りやすい

状態になります。

普段履いているスニーカーやビジネス用

の靴では非常に危険です。

普段の靴に装着できる滑り止めや長靴の

用意をしておいて下さい。

今回は、雪が止んでも、気温が低いため

なかなか雪解けしません。

先週の関東の雪では、雪が原因の事故や

転倒が相次ぎ、500人が怪我を

しました。

 

40年に一度の猛烈な寒気ということです。

万全の備えをして、のりきりましょう。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代