読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

日本の出生低下率は1920年代から!現在40代以下の人々は「死ぬまで貧困世代」

こんばんは~  篠原です。

少子高齢化の問題が、取り上げられる

ようになったのは、今から20年も前

のことです。

バブルが崩壊した1990年代に入って

からです。

ですが、長期的データをみると、日本の

出生率が減少を始めたのは1920年

代からということです。

 

1950年の平均寿命は

女性=61.5歳

男性=58.0歳

でした。ですから、働けなくなる「老後」

が、かなり短かったため老後の心配をする

必要がなかった時代でした。

 

ところが、昨日も書きましたが、

現在の平均寿命は

女性=86.41歳

男性=79.94歳

になっています。

健康寿命も長くなっていて、病気になって

からの平均年数は女性約12年、男性約9年

と長くなっています。

このため

「長生き」「貧困老後地獄」

という時代です。

40兆円の医療費の内、65歳以上が半分を

占める現状となっているのです。

 

このまま少子高齢化が進行すると、65歳以上

高齢者の医療費はさらに拡大して、2025年

には医療費が約50兆円に拡大すると言われて

います。

f:id:kayo0130:20160114205837p:plain

 

日本は今国民の4人に1人が高齢者という

高齢化社会

に突入しています。

 

年金・医療・福祉という社会保障費が増大して

このまま少子高齢化が進むと、将来の日本に

重大な危機をもたらします。

 

少子化対策を緊急に行わないと、現在

20~40代の現役世代は、十分な社会保障

受けられず、現役世代から老後そして死ぬまで

貧困を強いられることとなります。

 

第2子出生世帯に1000万円

支給!

すでに提唱されているように、第2子以降の

出生に対して一世帯当たり1000万円を

配るぐらいの大胆な政策をしないと、

出生率の増加は見込めないということで、

仮に第2子が生まれた世帯100万世帯に

配った場合、10兆円です。

 

以下の施策で8~9兆円の原資が生まれます。

所得税増税(約2兆円確保)

★公務員給与カット(国と地方10%

 カットで約2兆5000億円確保)

国会議員の数を半分に削減

 (約180億円確保)

★3.5万人いる地方議員を全て

 年間50万以下のボランティアに置き換え

 (約3200億円確保)

宗教法人に課税(約1兆円確保)

★放送局が国に支払う激安な

 電波使用料へのオークション制導入

 (約3000億円確保)

★輸出大企業の法人税減税廃止

 (約2兆3000億円確保)

 

このような、少子化を止める抜本的な対策を

したとしても、生まれた子供が成人して、

税金や社会保険料を納められるようになる

までには、最低20年はかかります。

 

皆さまは、日本が現在抱えているこの問題

どのようにお考えでしょうか?

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代