読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「石川遼」国内メジャー初制覇! おめでとう!!

こんばんは~  篠原です。

皆さまも、もうご存知と思いますが、

私は今日はどうしても「石川遼」の優勝

を書かずにはいられません。

 

「東京よみうりカントリークラブ」で開催された

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」

石川遼は2位に5打差をつけて、国内メジャー

初制覇を果たしました。

本当におめでとう!!

f:id:kayo0130:20151206212248p:plain

 

先週の「カシオワールドオープン」のこともあり

3日目63の猛チャージで首位に立っていたとは

いえ、やっぱり心配でした。

 

でも最終日の石川遼は違いました。

6バーディ・3ボギーの67で回り、通算14アンダー

2位に5打差をつけてぶっちぎりの優勝でした。

2015年のシーズン最終戦を優勝で飾れ、最高の

締めくくりとなったことでしょう。

 

優勝インタビューで

「自分で言うのも何ですが、今年の日本の

ゴルフツアーが素晴らしい形で終われた。

このゴルフをアメリカでできるか、世界でできるか。

できると信じて、年明けから、PGAツアーに挑戦して

1年間頑張りたい!」

 

あれこれと石川遼を非難する人もいるけれど、たぶん

日本人の全ての人が「石川遼」を好きなんだと思う。

 

今まで、アメリカに渡って、色々苦労してきたと思う。

言葉や環境の違いなどすべてのハンディを背負って

頑張ってきている。長~いトンネルをやっと

抜け出して、来年からはきっと、PGAツアーでも、

良い成績を残せると、私は信じています。

 

3日目と最終日と同組で回った「小田孔明

石川遼のプレイを絶賛しています。

「素晴らしいですよ。ドライバーは振り抜くし、

アイアンも切れている。曲がってもカバーできる

アイアンショットがあるから、あれだけ振り抜ける

んでしょう。今は自信を持っているんじゃない

ですかね」と。

 

石川遼はバーディを積み重ねながらも、そこはかとない

寂しさを味わっていたそうです。

それは、日本ツアーの盛り上がりが、一昔前と違うと

いうことからのようです。

石川遼が史上最年少で賞金王を獲得した、翌年の

2010年は、4日間会場に足を運んだギャラリー

は3万7000人でした。

今回は3日目で6028人、最終日が1万人超え

はしたものの、TOTAL2万人いかないのでは・・

 

会場のよみうりCCまでは、新宿から電車1本で30分

男子ツアーの試合会場でも屈指のアクセスの良さを誇り、

しかも土曜日も日曜日も、天気に恵まれ、絶好のゴルフ

観戦日和に恵まれながらも、ギャラリー数の少なさに

「これが日本ツアーの現状なのか!」と敏感に感じた

のでした。

 

「男子ゴルフをもう一度、新しい人も含めて、注目して

もらえるようにやっていかないといけない。

ゴルフファンを第一にファンの立場に立ってトーナメント

を考えることが大事だと思う!」

そして

「若い人たちをいかにゴルフに惹きつけるか?

トーナメントを盛り上げるプロゴルファーとしての

役割だけでなく、日本を代表するゴルファーとして、

ゴルフ界を盛り上げていかなければならない」

記者会見でこのように熱い思いを、自身のプレー

以外の話に費やしたのでした。

 

今ゴルフ人口がどんどん減ってしまっている現状です。

アメリカで戦いながらも、日本のゴルフ界を心配して

語る石川遼は、やっぱり素敵です。

 

来年はPGAツアーで、素晴らしい成績を残すことを

期待しています。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代