読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

元プロスノーボーダー「今井メロ」の波乱万丈の半生!

こんばんは~  篠原です。

皆さま、18歳でトリノ五輪スノーボード

ハーフタイプの選手で出場した今井メロ

はご存知でしょうか?

f:id:kayo0130:20151205025225p:plain

先日「ヨソで言わんとい亭~」に出演して

オリンピック選手村の内情を語りました。

 

トリノ五輪に出場した当時、今井メロは18歳

でした。

「選手村でコンドームがふつうに配られていて、

マスコットがいて『避妊しましょうね』と

呼びかけていた」と話し、選手村には最大2週間

滞在して、「選手は選手村から出られないので、

やることがないんでしょうね」と語りました。

 

そして風俗嬢になったきっかけのことを、

「友人の結婚式のご祝儀10万円のため」と

明しました。

 

トリノ五輪に出場していたころのメロは、

プロスノーボーダーとして月300万の収入

がありました。

五輪後のバッシングで追い詰められてホスト通い

を始めました。そして一日500万円も使ったことも

あったと振り返り「そのころはお金に対してマヒして

しまっていたんです」と。

『お金持ちのメロ』として振舞っていたので、お金

を貸してとか言えず、ご祝儀を10万円を包むため

風俗に飛び込み、3日間働いて15万貯まった

ので辞めた。

という衝撃の事実も明しました。

 

今井メロ

1987年410月生

現在28歳

12歳で

史上最年少スノーボーダーと認定されました。

 

雑誌などでヌードを披露しているメロはイメージ

DVDを10本以上リリースしています。

今もスノーボードを続けながら出演していて、

そのためにコンプレックスを抱いていた顔を

大改造しました。

目を大きくするための全切開二重手術、鼻を高く

するためのシリコンプロテーゼを入れる手術のほか

美しい輪郭を作るためほお骨を抜いたり

総額300万円位かけて整形手術をしています。

 

バツ2で2人の子供の父親が違うことや、現在は

シングルマザーとして子育てに生きがいを感じて

いると語っていました。

 

「子供を産んでから気づいたのは、自分の浅はかさ、

周りが全然みえていなかった。今はみんなに助けられ

て生きているということを実感しています。」と

笑顔で語りました。

 

それから10回もの自殺未遂をしていることも

明しました。

 

18歳でトリノ五輪に出てから、10年。

若いうちから、普通では考えられないような

波乱万丈な人生を送ってきたのだなぁと、

改めて思いました。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代