読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「高級時計」は趣味で持つ時代に! 時代と共に価値観は変わる!

こんばんは~  篠原です。

携帯電話の登場によって、腕時計をつけない

人が増えましたね。

ひと昔前までは、オメガ・ロレックス・

ブルガリ・カルティエ・・・などの高級ブランド

の時計を持っていることが、ステータスでした。

 

f:id:kayo0130:20151123221759p:plain

 

現在は、見栄や高額消費がステータスになりにくい

時代になりました。

若者たちはブランド品も恋人も『あったらいいな』

とは思うけれど、コストやストレスを考えると、

無理をしてまで持とうと思わなくなっているのです。

 

90年代の半ばは、街を歩いているほとんどの

女性がルイ・ヴィトンのバックを持ち、みんなが

持っているのと同じブランド品を欲しがる人が多い

時代でした。

腕時計も当然、よく知られている高級ブランド品

が売れていました。

この時代は高級ブランド品を持つことがステータス

だったのです。

 

価値観をかえたのは、経済の減速です。

バブル崩壊後の1990年後半から2000年代半ば

は、誰でも稼げる時代ではなくなり、

ブランド神話の崩壊が起こったのです。

便利なネット通販が登場して、希少価値の高い物を

安く手に入れるようになりました。

昔は『安いものはショボイ』が通説でした。

 

今のアラフォー世代以下の人たちは、ブランドに

こだわらず、安いものでもセンスよく着こなす

ようになりました。

 

そしてユニクロを代表するファストファッション

ブランドの時代が来ると、若者たちは高級ブランド

との距離を取り始め、高級腕時計よりもカシオの

G-SHOCKの限定モデルを持っている方が

羨ましがられたりしました。

 

最近ではApple watchなどのスマートウオッチが

登場して、時間を確認する以上の機能を持つ端末に

興味を持ち、腕時計というもの自体が、時代遅れ

ではないかといわれています。

 

今後、高級腕時計はお酒やタバコのように「嗜好品」

の一つになるのではないでしょうか。

現時点では、高級時計の市場が拡大することは、

考えにくいところですが、高級時計をつけてみて

「イイナ」と思う人が増えれば、また注目を

集められるかもしれません。

 

昨日、お笑いタレントの「渡辺正行」と「山田邦子

が、テレビ番組で「おれたちひょうきん族」のころ

のことを話していました。

渡辺正行は一週間に16本、山田邦子は14本の

レギュラーを持っていた超売れっ子でした。

山田邦子は、給料は手渡しで、事務所から

「はい今月分」と紙袋に入った1億円を渡された。

と話していました。

一方の渡辺正行も、通帳を確認すると、「優に1億円

を超えた金額だった」と話していました。

 

「おれたちひょうきん族」は1981年~1989年

ですから、まさにバブル期に放送されていた番組

でした。

この頃は、額は違うけれど、世の中のほとんどの人が

お金を持っている時代でした。

 

バフル期を経験している人たちは、あのころに戻って

欲しいと、思いますよね。

私も人一倍多く、思っています。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代