読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

11月、12月の天気予報=年内は「冬」が来ないかも?

こんばんは~  篠原です。

今日「ひるおび!」を見ていたら、

気象予報士の「森朗」さんが

★年内は冬が来ない

★コートいらずのクリスマス!

★ダウンいらずの大晦日が過ごせる

と言っていました。

 

確かに、11月半ばになるのに、温かい日

が続いています。

本来なら、ひと雨ごとに寒くなっていくのが

当たり前なのに、今年は寒くなりません。

f:id:kayo0130:20151117173738p:plain

 

これからも

「高温多雨」が続くでしょうとのこと。

 

その理由はエルニーニョ現象

過去、2006年の冬も同じでした。

2006年は「ミニラ・エルニーニョ

2015年は「ゴジラエルニーニョ

 

エルニーニョ現象とは、太平洋東部の赤道付近

(ペルー沖)の海面水温が上昇する現象です。

過去最強だった、1997年~98年に匹敵して、

15年はそれを上回って、過去最大になる可能性が

あると米海洋大気局(NOAA)が指摘しています。

このエルニーニョ現象が世界各地の気温や降水量に

影響を及ぼして、世界各地で異常気象が起こる恐れが

あるということです。

 

NASAの発表によると、2015年のエルニーニョ

65年間で最強レベルで最悪のエルニーニョ現象

その名が

ゴジラエルニーニョ

です。

f:id:kayo0130:20151117202416p:plain

 

2006年~2007年の初雪は3月16日

終雪は4月4日でした。

ちなみに平年の初の平均は1月3日

終雪は3月11日です。

 

 

11月~1月の気象庁の向こう3ヶ月の

天候の見通しは?

予報のポイント

●向こう3ヶ月の気温は、東日本・西日本・沖縄・

奄美では、冬型の気圧配置が続かず、北からの

寒気の影響が小さく、高いでしょう。

●向こう3ヶ月の降水量は、低気圧や前線の影響を

受けやすいため、東日本・西日本の太平洋側と

沖縄・奄美では多く、北日本太平洋側と西日本

日本海側では平年並みか多いでしょう。

北日本では、平年と同様に北からの寒気の影響を

受け、向こう3ヶ月の気温と北日本日本海側の

降雨量は、ほぼ平年並みでしょう。

 

この現象で、困っているのはスノーボードやスキー場

です。

それから、ホテルやペンションも困ると思います。

現時点で全く、雪は積もっていないし、自動降雪機

で雪を降らせても、気温が高いため解けてしまう。

 

スキー場のサイトを見てみると、ほとんどのスキー場が

「積雪不足のためオープンを延期」となっていました。

 

このまま12月になっても、気温が高い日が続くと

本当に困ると思います。

 

一般人にとっては、小春日和が続くということは、

過ごし易くとても快適なのですが・・・

そういうところの現状を思うと、手放しで喜ぶことは

できません。

 

年内は「冬」が来ない!

皆さまはこの予報を信じますか?

ということは、スタッドレスタイヤを履くのは

年内は様子を見た方が良いかも知れませんね。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代