読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「椎骨動脈解離」 金山一彦が突然の激しい頭痛に襲われ、その後の検査結果でわかったこと!

こんばんは~  篠原です。

皆さま、俳優の「金山一彦」

をご存知でしょうか?

f:id:kayo0130:20151112230816p:plain

 

前妻はタレントの芳本美代子です。

1996年に結婚して、17年間の結婚生活に

ピリオドをうちました。

そして2014年8月に

行列のできる法律相談所」の番組内で、弁護士の

「大渕愛子」と再婚を発表しました。

2015年3月に大渕愛子との間に長男が誕生。

 

 

「椎骨動脈解離」

動脈の壁は内側から、内膜、中膜、外膜の三層構造を

しています。

一番内側の内膜に傷がついて、そこから血管の壁の

中に血液が入り込み、血管が裂けていく状態が

動脈解離です。

首から脳に血液を送ってる動脈は2対あります。

首の前側にある頸動脈と首の骨の中にある

椎骨動脈です。

 

動脈解離は全身の動脈に起こります。

頭部では、椎骨動脈の解離が最も多いのです。

椎骨動脈が解離すると、突然の激しい頭痛が

起こります。

 

この発症当時の様子を金山一彦は次のように

話しています。

「突然首に違和感を覚え、激しい頭痛に襲われ、

1分ぐらいすると、目が破裂するのではないか、

歯が抜けるんじゃないかと思うほどの激しい

痛みに襲われ、それが10分間位

続いた」

 

血管の裂ける場所や程度によっては、裂けた血管

が詰まって脳に血液が送れなくなり脳梗塞を起こし

ます。

また血管の壁が外側まで裂けて、血管外に血液が

漏れ出るとくも膜下出血を起こします。

f:id:kayo0130:20151112235700p:plain

 

金山一彦も「一歩間違ったら死んでいた」

その時の状態を、振り返っています。

 

f:id:kayo0130:20151113000405p:plain

 

40代、50代の男性に発症することが多い

病気です。

金山一彦さんは「軽度~中度の椎骨動脈の傷だった」

と、検査した医師が話しています。

また、脳ドックなど受けて脳に異常がない人にも

「突然起こる可能性はある」と病気の危険性を

警告しています。

 

どうすれば、この病気にならないのか、という

具体的な予防とかはないので、気を付けようが

ありませんよね。

ただ、今、いわれているストレートネック、スマホ

とも言われていますが、その治療のために

「首ポキ施術」は絶対に行わないで下さい。

とのことです。

 

頭痛は椎骨動脈解離の初期症状の一つだということは

頭に入れておいた方が良いと思います。

頭痛の原因が「椎骨動脈解離」の症状かどうかを

判断できるのは、病院のMRIを使った検査のみだと

いうことです。

 

金山一彦も、普段、偏頭痛もちだったので、その場で

症状も治まったし、普段の生活を送っていたそうです。

心配する奥様の大渕愛子の勧めで、受診したそうです。

 

大事にいたらなくて、本当に良かったですね。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代