読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kayoとdackyの日々の出来事と旬な話題

日々の出来事や愛犬dacky君のこと、旬の話題を書いていきます。

「医療保険」 支払額の元を取るラインは?

こんばんは~  篠原です。

皆さまは「生命保険」に入ってていますか ?

 

おそらく万が一のことを考え、皆さま保険には

入っていることと思います。

f:id:kayo0130:20151112023745p:plain

 

きょうは医療保険を調べてみました。

実際にどんな病気にかかると、それまでに支払った

保険料の「元を取れる」のでしょうか ?

 

加入者を30歳男性として、毎月支払う保険料が

1700円。

入院給付金がもらえるA社のプランで、がん、

急性心筋梗塞脳卒中の特約付きの場合。

このケースの入院給付日額は5000円

手術・入院給付金5万円

入院給付金支払い日数は60日です。

 

●35歳で入院した場合

骨折(入院40日間・手術あり)→給付金額25万円

糖尿病(入院33日間・手術なし)→16万5000円

尿路結石(入院8日間・手術あり)→給付金額9万円

肺炎(入院39日間・手術なし)→19万5000円

 

●40歳で入院した場合

痔核(入院8日間・手術あり)→給付金額9万円

椎間板ヘルニア(入院18日間・手術あり)→

        給付金額14万円

胆石(入院16日間・手術なし)→給付金額8万円

十二指腸炎(入院10日間・手術なし)→給付金額5万円

 

●50歳で入院した場合

自律神経失調症(入院27日間・手術なし)→

        給付金額13万5000円

脳卒中(入院39日間・手術あり)→

         給付金額39万5000円

急性心筋梗塞(入院20日間・手術あり)→

         給付金額30万円

動脈硬化症(入院24日間・手術あり)→

         給付金額17万円

 

 

 特約に入っていると、脳卒中や急性心筋梗塞などの

大病は給付額も大きくなります。

「先進医療特約」をオプションで付けると

毎月100円のブラスで、通算2000万円まで

自己負担額と同額を補償してもらえます。

先進医療を利用する場合は、医療保険に入っていた方が

お得になる場合が多いです。

 

一度も病気にかからなかった場合は保険料は掛け捨てに

なりますが、このことを「損」と考えるか、万が一に

備えて保険に入っていたけど、何の病気もしないで

「ラッキー」と考えるかは人それぞれかと思います。

 

歳をとればとる程、病気のリスクは高くなります。

できれば、終身保険の方が良いかも知れません。

60歳までと、終身とでは又保険料も違ってくると

思いますが。

 

我が家の場合は、私は健康そのもので、どこも悪い所

がないのですが、主人が昨年「前立腺がん」と今年

食道がんを患いました。

遺伝的にがんになる可能性が高かったので、5年程前

がん保険を追加しました。

前立腺がんのときは、 ガンと診断された時点で

100万円が給付されました。

手術して一か月程入院しました。手術給付金が

がん保険の方で20万円、医療保険で5万円、入院が

がん保険は日額1万円、医療保険で5000円の

給付金が降りて、本当に助かりました。

 

f:id:kayo0130:20151112023212j:plain

 

愛犬dackyが今日、病院に行って来ました。

クッシング症候群の検査料、40日分の薬、白内障

炎症を抑える薬など頂いて54,324円でした。

最近は「ペット保険」かなり色々な保険会社で、

やっていますね。

dackyは13歳になります。13年前はペット保険が

あることすら知りませんでした。

病気が判明してしまってからでは、保険に入ることも

できません。

犬も人間と同じです。歳をとれば病気のリスクが高く

なります。ペット保険には絶対入っておいた方が良い

ですね。

これからペットを飼おうと思っている人、又今現在

飼っている人は、絶対に保険に入るべきと思います。

 

読んで頂きありがとうございます。

失礼いたします。   篠原香代